Blog

水とあそぶ「ゆるゆるスイミング」。~三嶋式ウォーターヒーリング~

April 15, 2018

 

 

以前からずーっと気になっていた三嶋式ウォーターヒーリング。

友人・坂詰由貴子氏が三嶋式ウォーターヒーリングのモニターを募集していたので、子どもたちに体験レッスン(本当は私も一緒にやる予定が、月に一度の女の子の日がやってきて、断念)。

ガラス越しにずーっと見ていたけれど、娘も息子も始終笑いっぱなし。

ひたすら楽しそうに水と戯れておりました。

泳げるようになるというか、いざという時に水が味方をしてくれるくらいには仲良しになっておかないと死ぬな、ということをBaliのGreen SchoolのFamily Campでも大いに実感したので、子どもたちには「泳ぎ方」を教えてくれるところを探していたのだけれど、プール教室はいまいち私が乗り気にならず(-_-;)送り迎えも面倒だし。

 

そんなとき、由貴子さんがモニターを募集していて、飛びついた(笑)
からだをゆるめて、「水」と仲良くなる。

本当にそんな感じ。


由貴子さんは、「遊んでいるようにしか見えない。ちゃんと泳ぎ方を教えてください」なんてことを言われてしまうこともあると言っていたけれど、遊んでいるようにしか見えないのに水と遊べるようになるなんて、なんて素敵!という話である。別にオリンピック選手を目指すわけではないし、水への「怖い」という思いが自然と解消されて、水と戯れられるようになれればそれでよし。

 

わが家の方向性にぴったりの「ゆるゆるスイミング」。
しかも、講師とお互いの時間の都合を見つけて一緒にやれるのもありがたい!(平日は正直子どもの習い事にまで手が回らないので、週末に子どもたちと一緒の時間を過ごしながら、私のメンタル・ヘルスケアまでできてしまうというのは、一石二鳥すぎる)

三嶋式ウォーターヒーリングでは、障がいのある子どもたちに「エンジェル・スイミング」。車椅子でやってきた脳性マヒの子どもが帰りは歩いて帰ったなんてエピソードもあって、気になる・・・

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com