Blog

2018年前期のでんぐり家たち。

March 19, 2018

「前例を超えて創造する流儀~医療・福祉を現場から変えるために~」と題して、4月12日から国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム学教授・ゆきさんこと大熊由紀子さんがコーディネーターを務める講座がスタートする。

 

慶応大学経済学部教授の井出英策さんに、シルバーウッドの下河原忠道さんにべてるの家の向谷地生良さん・・・ほかにも豪華な顔ぶれ・・・2018年前期もスゴイ!

https://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2018_f/10.html

 

2017年前後期とWEB聴講生となって、すーっかり感化された私は4月からゆきさんに師事して、2度目の修士の学生となる。

 

またもや落合氏の『日本再興戦略』で恐縮なのだが、「日本人には、誰か尊敬する人に師事するというスタイルが一番合うのだと思います。宮本武蔵や世阿弥の時代から日本はずっとそうです」というくだりがあって、私がやっていることもまさにそうだなと思う。

 

医療・福祉の現場を変えている「でんぐり家」たちが登場する本講座は、WEB受講も可能。医療・福祉分野の方に限らず、オススメしたい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com