山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com

 

Blog

自分の家族のしあわせのことだけ考えていたら、世界平和につながる。

March 7, 2018

4月から通う大学院の修士論文の主な研究対象でもあり、目下一番の関心ともいえる藤沢にある『ぐるんとびー』。

団地の一角に小規模多機能ホームを構え、そこをツールに、ケアが必要な高齢者のケアなんてところにとどまらず、団地づくり、地域づくりを行っているのがぐるんとびーだ。

代表の菅原健介さんの「介護だけをやっているわけではない。ぐるんとびーはあくまでツール」という言葉もさることながら、「自分たちのことしか考えていないんですよ。自分の家族が幸せならそれでいい。でも自分の家族が幸せであるためには、ご近所さんも幸せでないといけないし、地域の人も幸せでないといけないし、日本社会が幸せでないといけないし、結局のところ世界が平和でないと自分たちも幸せでないということになる。だから、最終ゴールは世界平和」という理屈には大いに共感する。
 

なんだかエラそうに福祉だー、介護だー、医療だー、なんてやっているけれども、私自身、本当にジコチューな人間だ(人間は皆自己中なんていうそもそも論はさておき、その中でもやはりジコチュー度かなり高めという自己認識あり)。でも自分が快適に暮らすためには、家族がにこにこしていたほうがいいし、家族が暮らすコミュニティが快適であったほうがいいし、家族が暮らす社会が、世界が快適であったほうがいい。だから世界は平和であってほしい。ジコチューが極まると、ここに至る。

菅原さんの最終ゴールはデカイ。だからこそ、ワクワクするし、協力者が続々と現れるんだろう(人柄も大きいけれど)。菅原さんの、ぐるんとびーの挑戦を記録し、文章にして伝えていくこと。いつかは一冊の本にすること。目下の野望。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon