top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

4歳ムスコの平和的解決。

ムスコに「おこりんぼかあさんはこわくないの?」と尋ねたらば、

「こわくなーい。かっこいい。今度から、かっこいい!っていう~」との答え。

ふ~んと流していたらば、数時間後、いつものごとく、またムスコがやらかしている。

「なにをやっているの!」と叱り始めたらば、「かっこいい~」とムスコ。

なんのことやらピンとこず、叱るのをやめてキョトンとしていたらば、再度「かっこいい~」

しばし考えて、ようやく、「おこりんぼかあさんに、かっこいいっていう」ってやつか! と合点がいく。

なんだろうこれは(笑)

叱っているのもバカバカしくなって、「どうしてこうなるんだっけ?」「こうならないようにはどうしたらいい?」と冷静に諭して、終了。

母親になってから、瞬間湯沸器のように、感情が瞬時にがちっとらわれてしまうことがままある。こんなふうにまったく想定外の方面からボールが飛んでくると、感情の間に思考が入ってきて、すーっと冷静さを取り戻しすことができるんだな(笑)

またひとつ勉強になりました。

これだから、こどもはおもしろいやね。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

老人ホームに住んでみた。

もう小5になる娘が1歳半〜2歳頃、ひょんなことから老人ホームに住み込み取材することになった。 2歳下の妹が入院していた病院で同室になった人が老人ホームの経営者で、新しく有料老人ホームを開設するという。話を聞いていると、認知症があろうがなかろうが、出入り自由(※入居者や利用者が自由に出入りができる施設はそう多くはない)。図書室にギャラリー、カフェ、食堂があり、入居者や関係者でない地域住民も出入り自由

勇敢な男と優しい女。

「そんなにピーピー泣いてばかりでさ、男の子は勇敢でないとダメなんだよ」。 とは、娘が息子に発したひと言。 確かに最近の息子はちょっとしたことでピーピーとわずらわしい。めんっどっくさ~とは母だって思っている。 が、この言葉は聞き捨てならない。 思わず、「なんで男の子は勇敢でないとダメなの?わかめちゃんが勇敢でもいいじゃん」と横やりを入れると、「はぁっ?わかめは女の子なんだから、優しい人になるんだ

bottom of page