• medicaproject 医療福祉ライター今村美

4歳ムスコの平和的解決。

ムスコに「おこりんぼかあさんはこわくないの?」と尋ねたらば、

「こわくなーい。かっこいい。今度から、かっこいい!っていう~」との答え。

ふ~んと流していたらば、数時間後、いつものごとく、またムスコがやらかしている。

「なにをやっているの!」と叱り始めたらば、「かっこいい~」とムスコ。

なんのことやらピンとこず、叱るのをやめてキョトンとしていたらば、再度「かっこいい~」

しばし考えて、ようやく、「おこりんぼかあさんに、かっこいいっていう」ってやつか! と合点がいく。

なんだろうこれは(笑)

叱っているのもバカバカしくなって、「どうしてこうなるんだっけ?」「こうならないようにはどうしたらいい?」と冷静に諭して、終了。

母親になってから、瞬間湯沸器のように、感情が瞬時にがちっとらわれてしまうことがままある。こんなふうにまったく想定外の方面からボールが飛んでくると、感情の間に思考が入ってきて、すーっと冷静さを取り戻しすことができるんだな(笑)

またひとつ勉強になりました。

これだから、こどもはおもしろいやね。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【本】ボーク重子『世界最高の子育て』

副題には「「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」とあって、このタイトルにぎゅーんと手を伸ばす親もいる一方、逡巡する親もいるよねと思いつつ、もちろん後者で逡巡しながらも、口コミの評判を読んで、結局買う(笑) 「全米最優秀女子高生」に選ばれるようなエリートを育てるという文脈は表面的なことで、共感できるところ多々。 ・共感力→協働力を育てる ・「好き・得意」を伸ばす は、私が子育てで最も大切にしているこ