• medicaproject 医療福祉ライター今村美

水とあそぶ「ゆるゆるスイミング」。~三嶋式ウォーターヒーリング~


以前からずーっと気になっていた三嶋式ウォーターヒーリング。 友人・坂詰由貴子氏が三嶋式ウォーターヒーリングのモニターを募集していたので、子どもたちに体験レッスン(本当は私も一緒にやる予定が、月に一度の女の子の日がやってきて、断念)。 ガラス越しにずーっと見ていたけれど、娘も息子も始終笑いっぱなし。

ひたすら楽しそうに水と戯れておりました。 泳げるようになるというか、いざという時に水が味方をしてくれるくらいには仲良しになっておかないと死ぬな、ということをBaliのGreen SchoolのFamily Campでも大いに実感したので、子どもたちには「泳ぎ方」を教えてくれるところを探していたのだけれど、プール教室はいまいち私が乗り気にならず(-_-;)送り迎えも面倒だし。

そんなとき、由貴子さんがモニターを募集していて、飛びついた(笑) からだをゆるめて、「水」と仲良くなる。

本当にそんな感じ。

由貴子さんは、「遊んでいるようにしか見えない。ちゃんと泳ぎ方を教えてください」なんてことを言われてしまうこともあると言っていたけれど、遊んでいるようにしか見えないのに水と遊べるようになるなんて、なんて素敵!という話である。別にオリンピック選手を目指すわけではないし、水への「怖い」という思いが自然と解消されて、水と戯れられるようになれればそれでよし。

わが家の方向性にぴったりの「ゆるゆるスイミング」。 しかも、講師とお互いの時間の都合を見つけて一緒にやれるのもありがたい!(平日は正直子どもの習い事にまで手が回らないので、週末に子どもたちと一緒の時間を過ごしながら、私のメンタル・ヘルスケアまでできてしまうというのは、一石二鳥すぎる) 三嶋式ウォーターヒーリングでは、障がいのある子どもたちに「エンジェル・スイミング」。車椅子でやってきた脳性マヒの子どもが帰りは歩いて帰ったなんてエピソードもあって、気になる・・・

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【本】ボーク重子『世界最高の子育て』

副題には「「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」とあって、このタイトルにぎゅーんと手を伸ばす親もいる一方、逡巡する親もいるよねと思いつつ、もちろん後者で逡巡しながらも、口コミの評判を読んで、結局買う(笑) 「全米最優秀女子高生」に選ばれるようなエリートを育てるという文脈は表面的なことで、共感できるところ多々。 ・共感力→協働力を育てる ・「好き・得意」を伸ばす は、私が子育てで最も大切にしているこ