• medicaproject 医療福祉ライター今村美

みんなちがって、みんないい。とか言うまでもなく。

2018年度は半ば私設学童を開いているような状態だったので、他人の子どもも含め、子どもと接する機会が本当に多い一年だった。

子どもの頃から子どもが苦手で、実の親にすら子どもは持たないで仕事に生きていくのだろうと思われていたような人間が、妊娠出産して自分の子どもを持っただけでなく、他人の子どもまで見るようになるのだから、人生はホントわからない。

いろんな子どもを見ていると、「みんなちがって、みんないい」とか「個性」なんてことを言うまでもなく、本当に違う。同じ親から生まれてきたきょうだいでもまったく違う。

もちろんきょうだいでも先に生まれるのかあとに生まれてくるのか、その他諸々まったく同じ条件で生きているわけではないのだけれども、それを差し引いても、「本人の資質」としか言いようがないくらい個々に違う。

親の責任とやらを逃れるつもりはないけれど、親の育て方とか家庭環境では到底説明し得ないくらい子どもの個体差は大きい。いろんな子どもと同じ釜の飯を食らっているうちに、その思いはさらに深くなった。

だからこそ、子どもは親だけが育てるのではなく、たくさんの人間が関わって、ごちゃまぜに育ったほうがより愉快な化学反応が起きるのではないか、と思う。そもそも親子だからって相性がいいとは限らない。

4月からますます忙しくなるし、ひとまず私設学童は開店休業状態にはなりそうな気配ではあるものの、困った時はお互いさま。気軽に「ちょっと今日お願い」と言ってもらえて、「はいよっ」と言えるくらいの時間と心の余裕は死守したい。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【本】ボーク重子『世界最高の子育て』

副題には「「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」とあって、このタイトルにぎゅーんと手を伸ばす親もいる一方、逡巡する親もいるよねと思いつつ、もちろん後者で逡巡しながらも、口コミの評判を読んで、結局買う(笑) 「全米最優秀女子高生」に選ばれるようなエリートを育てるという文脈は表面的なことで、共感できるところ多々。 ・共感力→協働力を育てる ・「好き・得意」を伸ばす は、私が子育てで最も大切にしているこ