top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

みんなちがって、みんないい。とか言うまでもなく。

2018年度は半ば私設学童を開いているような状態だったので、他人の子どもも含め、子どもと接する機会が本当に多い一年だった。

子どもの頃から子どもが苦手で、実の親にすら子どもは持たないで仕事に生きていくのだろうと思われていたような人間が、妊娠出産して自分の子どもを持っただけでなく、他人の子どもまで見るようになるのだから、人生はホントわからない。

いろんな子どもを見ていると、「みんなちがって、みんないい」とか「個性」なんてことを言うまでもなく、本当に違う。同じ親から生まれてきたきょうだいでもまったく違う。

もちろんきょうだいでも先に生まれるのかあとに生まれてくるのか、その他諸々まったく同じ条件で生きているわけではないのだけれども、それを差し引いても、「本人の資質」としか言いようがないくらい個々に違う。

親の責任とやらを逃れるつもりはないけれど、親の育て方とか家庭環境では到底説明し得ないくらい子どもの個体差は大きい。いろんな子どもと同じ釜の飯を食らっているうちに、その思いはさらに深くなった。

だからこそ、子どもは親だけが育てるのではなく、たくさんの人間が関わって、ごちゃまぜに育ったほうがより愉快な化学反応が起きるのではないか、と思う。そもそも親子だからって相性がいいとは限らない。

4月からますます忙しくなるし、ひとまず私設学童は開店休業状態にはなりそうな気配ではあるものの、困った時はお互いさま。気軽に「ちょっと今日お願い」と言ってもらえて、「はいよっ」と言えるくらいの時間と心の余裕は死守したい。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう小5になる娘が1歳半〜2歳頃、ひょんなことから老人ホームに住み込み取材することになった。 2歳下の妹が入院していた病院で同室になった人が老人ホームの経営者で、新しく有料老人ホームを開設するという。話を聞いていると、認知症があろうがなかろうが、出入り自由(※入居者や利用者が自由に出入りができる施設はそう多くはない)。図書室にギャラリー、カフェ、食堂があり、入居者や関係者でない地域住民も出入り自由

ムスコに「おこりんぼかあさんはこわくないの?」と尋ねたらば、 「こわくなーい。かっこいい。今度から、かっこいい!っていう~」との答え。 ふ~んと流していたらば、数時間後、いつものごとく、またムスコがやらかしている。 「なにをやっているの!」と叱り始めたらば、「かっこいい~」とムスコ。 なんのことやらピンとこず、叱るのをやめてキョトンとしていたらば、再度「かっこいい~」 しばし考えて、ようやく、「お

bottom of page