top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

雨の中のサッカーから学んだこと

息子っちのサッカーの試合へ行って、同じクラスのママとのおしゃべりの最中に「昨日の授業参観来てました?」と聞かれて、昨日が授業参観だったことを知り…痛恨のうっかりに凹む一方、



結果、いつも母が授業参観へ行くと、わざと鉛筆転がしてみたり、机に突っ伏してみたりとこれみよがしな嫌がらせをしてくる息子っち、母がいないとよい子にちゃんと授業を受けるということも実証されました…😂


そして、サッカーを始めて3ヶ月。初ゴールを決めた瞬間を逃すというあるある…😂


お家大好き自宅警備員からサッカー少年へ。

息子がボールを蹴っておる姿がいまだに新鮮すぎて、サッカー少年の母になったことも想定外すぎて、いまだにびっくりし続けておるわけですが。


スポ根とは無縁の人生を送ってきて、スポ根の理不尽な感じだとかパワハラ気質な感じだとかへの苦手意識の強かった私。


目下、体育会系の吹奏楽部でガンガン鍛えられておる中学生の娘だとか、サッカー少年となった息子だとかを見ていて思うことは。


勝負のある厳しい世界の厳しさを若いうちに味わっておくってことは、結構大事かもしれん!これ、むしろ私に必要なやつでは…??という、今さらながらの気付き…


雨の中のサッカー。

オウンゴールしてしまったのが悔しくて泣いている子を見ていて、あぁ勝負の世界で生きている人間は、ちゃんと悔しがって、ちゃんと泣いて、それで強くたくましくなっていくのだな。とも。


今からでも間に合うのかどうかは知らんけど、今さらながらに子どもたちから学ぶことの尊さよ。子育ては、人生の生き直しってよく聞くけれど、彼らと一緒に共育ち。母も育てられている。

最新記事

すべて表示

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。 手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。 どうせ気になってしまうのだ。 大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにい

また、会ったね

どんなに前向きな言葉を与えて、よし大丈夫!と言い聞かせてみたとて、 からだというやつはコントロールができない。 じんましんちゃんよ、いま、また君が出てくるの? 思考することも書くことも眠ることも、私から奪う、全身カユカユ星人。 あぁ、本当に困ったな。 今度はどのくらい君とお付き合いしなくっちゃならないの? 君と永遠にお別れできるようになるために、君からのメッセージは一体なに? いっつもここぞという

今週の目標は…

早寝早起き!! 適度な運動。 健康的な生活を送ることで、全身カユカユ蕁麻疹星人からの脱出! かゆい!

Comments


bottom of page