Blog

「寝たきり」と「寝かせきり」。

March 9, 2018

介護者がつくる認知症情報誌『でぃめんしあ』の最新号No.8が届く。
 

 
ページを開いてすぐが私の担当するフォトエッセイ。

 

 


「寝たきり」の言葉が目にばーんと入ってくる。

 

まぎれもなく私が書いたエッセイである。

「寝たきり」という言葉への違和感が昨年末この原稿を書いた時点ではまだ自覚されていなかったことへの驚き。

 

多くの高齢者は「寝たきり」になるわけじゃあない。
「寝かせきり」にされるから、「寝かせきり」にの人生を送ることになっているだけだ。

あぁ、でもこのエッセイで伝えたかったことは、その人にとっての最適解を大事にしたいということ。

いま現在「寝かせきり」状態にある人たちにも「尊厳」(※この言葉ももっとふさわしい表現があるような気がしている)はあるし、中には自らの意思で「寝たきり」になったとしても生きていきたいと思う人だっているだろう。多くの人は最期の時を住み慣れたわが家で過ごしたいと願っているかもしれないけれど、みんながみんな、自宅で過ごしたいと思っているわけでもたぶんない。

 

だから、このエッセイでの「寝たきり」はもっとポジティブな意味合いを含む。

でも、「寝たきり」という言葉へ自覚的になったいま書くとしたら、このエッセイの表現はきっと違うものになっていたに違いない、とも思う。

『でぃめんしあ』No.8。
今号も巻頭エッセイのほか、『認知症ケアの知恵「こんなときどうする」』『介護のミカタ』のページを担当してます。

 

 



 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com