• medicaproject 医療福祉ライター今村美

「寝たきり」と「寝かせきり」。

介護者がつくる認知症情報誌『でぃめんしあ』の最新号No.8が届く。

ページを開いてすぐが私の担当するフォトエッセイ。

「寝たきり」の言葉が目にばーんと入ってくる。

まぎれもなく私が書いたエッセイである。

「寝たきり」という言葉への違和感が昨年末この原稿を書いた時点ではまだ自覚されていなかったことへの驚き。

多くの高齢者は「寝たきり」になるわけじゃあない。 「寝かせきり」にされるから、「寝かせきり」にの人生を送ることになっているだけだ。 あぁ、でもこのエッセイで伝えたかったことは、その人にとっての最適解を大事にしたいということ。 いま現在「寝かせきり」状態にある人たちにも「尊厳」(※この言葉ももっとふさわしい表現があるような気がしている)はあるし、中には自らの意思で「寝たきり」になったとしても生きていきたいと思う人だっているだろう。多くの人は最期の時を住み慣れたわが家で過ごしたいと願っているかもしれないけれど、みんながみんな、自宅で過ごしたいと思っているわけでもたぶんない。

だから、このエッセイでの「寝たきり」はもっとポジティブな意味合いを含む。

でも、「寝たきり」という言葉へ自覚的になったいま書くとしたら、このエッセイの表現はきっと違うものになっていたに違いない、とも思う。 『でぃめんしあ』No.8。 今号も巻頭エッセイのほか、『認知症ケアの知恵「こんなときどうする」』『介護のミカタ』のページを担当してます。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。 彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。 いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。 藤沢

命の沙汰は運次第?!

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 なーんて側面があるのは、残念ながら現実。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

富士北麓のキャンサーズナイト。

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com