top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

小児がんチャリティ支援レモネードスタンド。





昨日は小6になる娘がお友だちと3人で小児がんの支援チャリティのレモネードスタンド。

雨になったり雪になったりで、延期延期の3度目の正直。

快晴!に恵まれるも、強風で、コップが飛んだり、原液が倒れて全部こぼれてしまったり、いろんなハプニングもありつつ(そもそもレモン原液を忘れて、往復40分の道のりを家に取りに帰るところから💦)、


レモネードを買いに来てくれたお友だちも声かけに参戦してくれて、子どもたち、ほんっとにがんばりました〜🍋


「こんなご時世で暗い気持ちになることが多かったけれど、子どもたちのがんばる姿に逆に応援された」

「今度からレモネードを見るたびに、小児がんのことが思い出されて、見る目が変わりそう」

「小児がんの子どもたちも含め、子どもたちが安心して暮らせる地域がつくれるようにがんばらなくてはと思った」


などなど、たくさんのお声をいただきました。


今日は、娘が山梨のじいじばあばと慕うギャラリーナノリウムへ出張レモネードスタンド。




オーナーのおふたりだけでなく、いらしたお客さままでレモネードをオーダーしてくださり、レモネードスタンドを始めたきっかけ、小児がんという病気のこと、寄付が何に使われるのかなどを説明していた娘。小児がんという病気のことを知っていただくきっかけになったのでは、と思います。


最終的には約90杯、37,847円の寄付が集まりました。ここから経費を引いた金額をキャンサーネットジャパンに寄付します。


レモネードスタンドに場所提供を始め、多大なサポートをくださったレストラン&ホテル「イエスタディ」のオーナーにも多謝!


ご協力くださったみなさま、本当に本当にありがとうございました🍋🍋🍋

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私は総理大臣になる

娘からの突然の「私は国をつくって、その国の総理大臣にならなくっちゃならないんだよね」宣言。 どういうこっちゃ?と話を聞いていると、体育会系ハードモードの吹奏楽部で高校生と一緒に切磋琢磨する、中高一貫校の新中2になった娘。 高3のリスペクトするパートリーダーに「Wのつくる国は平和そうだよね。Wの国をつくって国民にして」と言われて有頂天。 冒頭の総理大臣宣言につながる(笑) 「あ、じゃあお母さんもWの

HTLV-1ウイルスと菅付さん…のつもりが宇都宮先生と科学的スタンスのこと。

父親の入院やら、超体育会系吹奏楽部に所属する娘のマーチングの大会直前のコロナ発熱やらで、すーっかり遠い日のことのようにすら思える鹿児島での『教えて!HTLV-1のこと』シリーズ3冊の出版記念パーティー。でもよく考えてみればまだ10日程度しか経っていない。 このシリーズの編者であるNPO法人日本からHTLV-1ウイルスをなくす会「スマイルリボン」の菅付加代子さんとシリーズ1である『成人T細胞性白血

Comentários


bottom of page