top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

小児がんチャリティ支援レモネードスタンド。





昨日は小6になる娘がお友だちと3人で小児がんの支援チャリティのレモネードスタンド。

雨になったり雪になったりで、延期延期の3度目の正直。

快晴!に恵まれるも、強風で、コップが飛んだり、原液が倒れて全部こぼれてしまったり、いろんなハプニングもありつつ(そもそもレモン原液を忘れて、往復40分の道のりを家に取りに帰るところから💦)、


レモネードを買いに来てくれたお友だちも声かけに参戦してくれて、子どもたち、ほんっとにがんばりました〜🍋


「こんなご時世で暗い気持ちになることが多かったけれど、子どもたちのがんばる姿に逆に応援された」

「今度からレモネードを見るたびに、小児がんのことが思い出されて、見る目が変わりそう」

「小児がんの子どもたちも含め、子どもたちが安心して暮らせる地域がつくれるようにがんばらなくてはと思った」


などなど、たくさんのお声をいただきました。


今日は、娘が山梨のじいじばあばと慕うギャラリーナノリウムへ出張レモネードスタンド。




オーナーのおふたりだけでなく、いらしたお客さままでレモネードをオーダーしてくださり、レモネードスタンドを始めたきっかけ、小児がんという病気のこと、寄付が何に使われるのかなどを説明していた娘。小児がんという病気のことを知っていただくきっかけになったのでは、と思います。


最終的には約90杯、37,847円の寄付が集まりました。ここから経費を引いた金額をキャンサーネットジャパンに寄付します。


レモネードスタンドに場所提供を始め、多大なサポートをくださったレストラン&ホテル「イエスタディ」のオーナーにも多謝!


ご協力くださったみなさま、本当に本当にありがとうございました🍋🍋🍋

最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

Comments


bottom of page