• medicaproject 医療福祉ライター今村美

つなぐ人。

このところずーっと小児がんの小冊子づくりのために、土日なく取材やオンラインイベントが続いていたし、情報収集すればするほどポジティブな情報ももちろんたくさん知ることができる一方で、小児がんをとりまく厳しい現状や課題も改めてより深く広く知ることになる。


小児がんの子どもを持つお父さんお母さんからのSNSの発信に、サポーターであるとはいえ、当事者でない私がいいねボタンを押してよいのか、一瞬迷って、でもやっぱり応援の意味で押す。押したあとに、何か静電気のような刺激が走ったような錯覚を覚えて、思わず指先を見つめてしまう。


センシティブなテーマに伴奏しているとき、過敏になりすぎるのは、多分良いところで悪いところだ。パワフルな看護師団体のトップの本をつくるために奔走しているとき、とかとは、どこかちょっとキャラすら違う。


というわけで、自分でも気が付かないうちに、いや気が付いてはいるんだけれども、かなりのセンシティブモード。よって、いろんな言葉や感情を拾いすぎて、いつのまにか一人で勝手にやたらと疲れていたりする。


そんな最中のつなぐ人フォーラム。なんだろう、昨年に続く2回目なのだけれど、なにやら本当にあたたかい場なのだ。つながる人つながる人、みんな本当に温かくて、久々に安心安全地帯にたどり着けたような心地よさ。オアシスかよ、ここは!


GEMSのゲームでコンビになったWEBデザイナーで猟師さん(って、もうこの肩書きにツッコミたくなる)が、「運命的にご一緒できて嬉しかった」と言ってくださったのだけれど、オンラインの空間に「運命的に」みたいな瞬間が何回も生まれるのがつなぐ人フォーラム。


最初に参加したセッションで、お互いの短所を述べ合ってポジティブ変換するというワークをこれまたコンビでやったときには、自分と似たような短所を持つセラピストさんでお互いに共感の嵐。「わがままと自己中は違っていて、自己中は決して悪いものではないのでは? 自己中と自己中は尊重し合って、どちらかが犠牲になるのではない、よい塩梅の落としどころがあるのでは?」という、そのセッションのテーマでもあったニューロダイバシティにつながる対話が生まれて、おーっとなる(笑)


かまたさんの刀愛も、ひるちゃんのひる愛も、ヒイドメさんの大豆・麹愛も、ゆき姐さんのみかん愛も、愛がダダ漏れで、愛がダダ漏れしている人たちってやっぱり大好きなのよねーと思う。


安心して対話ができる安全が保障されたあの場に居合わせることができたおかげで、ずいぶんこころが回復できた気がするよ。たまにはこういうホッとする場に意識的に行くようにしないとなぁ。


さぁ、今週も取材が続くけれど、たくさんよい情報を届けられるように、がんばろう。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギャラは仕事への評価なので、そりゃあ高いにこしたことはないのだけれど、どんな仕事をして、どんな仕事をあきらめるかは、お金だけの問題でもなくて、結局のところ、その仕事に求められていることと、私のやれること、やりたいことの一致具合なのではないかと思う。 同じ方向性を向いているという温度感が感じられれば、私の持っているものを最大限いかせすことで相手に喜んでもらえたり、社会的に意義のある仕事につながりそう

前々回で天狼院書店について書いたのだけれども、ライティング講座よりも、そもそも書店としてのあり方のほうがとても気になる。 HPをのぞくと、「天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。」とある。 ライティング講座提供しているだけでなくて、フォト部とか漫画ラボとか、なにやらおもしろそうなイベン

天狼院書店というところがやっているライティング講座の特別編「スピードライティング講座」というのを通信で受講してみた。 考えてみれば、これまでまともにライティングについて教えてもらったことがない。 2500字を20分で書くというのだけれど、いつも書くスピードよりもちょっと速いくらいスピードだなぁと思いながら、課題に取り組む。 書きたいことは山のようにあると思っていたけれど、いざ書き始めると1500字