top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。


手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。


どうせ気になってしまうのだ。

大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにいることしかできないならそばにいることにする。

一人で戦ってしまう人を、一人で戦わせない。

それだけ決ーめた。

最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

Comments


bottom of page