top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

『500歳の手作り味噌』が買えちゃいますよ。

更新日:2022年4月8日







1月に取材させていただいた、デイサービス宅老所『芽吹き』に始まり、廃校となった分校をカフェとして生まれ変わらせた『分校Cafe haruhi』、何歳になっても生き生きと働きたいを叶える『生涯現役の家ねっこ』を展開するHappy Care Life株式会社にて、nオンラインショップという新たな試みが始まりました〜♪

芽吹きに通うばあちゃん(じいちゃんも?)が作る『500歳の手作り味噌』(年齢合わせるとあっという間に500歳)、分校Cafe haruhiの手作りスコーン、ねっこの手作りピクルスが下記のサイトで買えちゃいます。 omoiya


これらのおいしそうなものたち(きっとおいしい。haruhiのランチカレーは絶品だった!)の他にも、取り扱っているピアスやイヤリングやブローチやらが可愛くて、何やら危険なサイトです。要注意!





ちなみに、Happy Care Life代表の中林正太くんはこれまた応援したくなる人物です。 嬉野温泉もまたコロナの影響で大打撃を受ける観光地の一つですが、そんな嬉野でなにやら愉し気なことをやっているHappy Care Life。どうぞご贔屓に。

最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

Kommentare


bottom of page