山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com

 

Blog

どこにだって行ける。

June 26, 2018

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。

彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。

 

いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。

 

藤沢にあるUR団地の一角にあるぐるんとびーには、全国から若者がやってきて、働いているけれど、ぐるんとびーで働いていれば全国からやってくる見学者、しかも介護看護の世界のフロンティアな人たち!と自動的につながって、そこからぐるんとびー以外の素敵な職場のありさまを見学へ行ったりなぞして、自分の知見をますます深めて広げてワクワクすることができる。

 

ほかの素敵なところと比較されるのだから、経営者だって自分のところをよりワクワク素敵なところにするための経営努力を余儀なくされる。そして、ますますワクワクを拡大させていく。

 

これから先、ワクワクできる職場だって人材確保が厳しい時代がやってくる。

つまり、ワクワクできない職場にはとんと働き手がやってこなくなる。

 

ならば、ワクワクいきいき働ける職場に変えてしまったほうが早い。

というより、おそらく、変えるしか道がない。

職員ハッピー、利用者ハッピー、結果、経営者もハッピー。

 

そのためには、ワクワク楽しい職場だよ!という情報発信も、これからの介護事業所には不可欠だろうと思う。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon