Blog

富士山という偉大なる存在の功罪。

June 12, 2018

 

 

「とにかく毎日発信する」ことの大切さがいたるところで説かれているので、物は試しに毎日書くぞと決めて、でも毎日はできてないけど、大体毎日書いている。

 

それで気が付いたのは、たくさんの人に訴えかけようと言うよりは、誰か一人の人が念頭にあって、実はその人へ向けて書いていたり、すぐ身近な人たちへ向けて書いていることがとても多いということに気付いた。

 

これ、ほとんど「手紙」だ。

 

山梨に住み始めて9年。

富士山を臨むこの土地のポテンシャル自体はとても高い。

もっともっとワクワクすることができそうなのにもったいない、と思うことも少なくない。

 

富士山という大きな存在があるから、それだけで満足、現状に満足してしまうというマインドが働いて、新しい動きにつながりにくいというのを、地域おこしに尽力する地元の方がおっしゃっるのには、大いにうなずいた。

 

富士山の功罪と書いたけど、富士山自体はひたすらよいものだわね。

 

富士山は本当に素敵。

だからこそ、富士山の大いなる力も借りて、この地域はもっともっとその潜在能力を発揮できる。

 

あなたが動けば、地域は変わる。

 

というわけで、商店街の昔ながらの本屋さん、私にリノベさせてくれないかな(笑)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com