Blog

地域の認知症認定看護師が集まる。つながる。

April 16, 2018

山梨県は富士北麓から東京寄りの大月あたりまでのいわゆる「郡内」と呼ばれる地区の認知症認定看護師による勉強会「ふじやまの会」というのがある。

年3~4回、中核病院で働く認知症認定看護師が集まって、情報共有したり、事例検討したり、研修会をしたりしている。

 

私も立ち上げから関わっている認知症カフェ「ふじさん」(隔月第3土曜)に顔を出してくれた看護師さんからふじやまの会のことを耳にし、第10回となる集まりに参加させてもらった。

 

すると、以前にふじさんに顔を出してくれたことのある看護師の方々の顔がちらほら。

 

 

国は地域連携を声高に叫んでいるけれども、実際に地域の医療・介護機関、行政、民間が連携プレーでまわっている地域と絵に描いた餅になっている地域との地域格差はどんどん広がっているように思う。

地域連携というにはまだまだ地域の資源はつながれていないし、認知症へのほかの医療職の理解が進んでいるかというとそうでもないかもしれないけれど、この地域の認知症認定看護師が集まって、自分たちで情報共有し合って、つながりをつくって、「目に見える関係性」をつくりあげているということは、この地域の認知症ケアをよりよいほうへアップデートしていくきっかけになるはずだ。


認知症カフェももっと有効活用できたらよいという話題も。
隔月とはいえ毎回出るのは難しいから、認定看護師が担当制で参加するようにする、年間のテーマを決めてもっと参加したいと思えるような内容にする、CATV等の媒体も使って周知するなどのアイデアをいただく。

こうした会があったんだなぁということが嬉しいし、地域の看護師さんたちの顔が見えてきたことも嬉しい。

医療・介護機関、行政、民間が連携した認知症ケアで先を行く目黒区だって、認知症の家族会の発足からいまのかたちを築き上げるまでに20年近く。地道な一歩を重ねるのみ。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com