Blog

保険外サービスと公文と富士山荘

February 14, 2018

 

 

昨年末に鳴沢にある特養・富士山荘の施設長と認知症カフェを通じて知り合ったことから見学へ。

富士山荘では保険外サービスとして公文を取り入れている。

公文というと、小学生が親に言われてしぶしぶ通い、しぶしぶ毎日プリントをこなしているうちにまぁ学力はついているよね的なものだと解釈していたのだけれど、高齢者向けにもサービスを展開しているという。

 

はて、どんなものか?と思っていたらば、私の2倍以上の人生を生きている女性が20代のスタッフ先生を前に背筋をぴっ、「生徒」になって学んでいらっしゃる姿は予想に反して感慨深かった。

 

いまの80歳代以上だと、学校に行けず、「学校」というものに対する憧れのようなものを抱いている方も少なくない。生徒になる疑似体験を味わえる公文は、案外悪くないのではと公文への印象が変わった。

もちろん世代にもよるだろうし、人にもよるだろうから、合わない方には合わないサービスだろうけれど、マッチして「楽しみ」になっていらっしゃる方もおり、中には家で宿題までやってこられるほど熱心な方もいるという。これが普段あまり話さない息子や孫とのコミュニケーションツールになって、家族の会話が増えたというケースも。

結局のところどんなサービスも「人とのかかわり」を生んでいるかというところが大事なんだろう。

実際、プリント自体も回想法ではないけれど、自分の幼いころを思い起こさせるようなストーリーで「私が小さな頃はこんなだった」「そういえば昔はあんなことがあって」と若いスタッフに昔のことを伝えつつ、会話のきかっけになっていくことも少なくないという。

プリントによる脳の活性化で認知症予防にも・・・という謳い文句もあるにはあるだろうけれど、富士山荘ではスタッフが1対1だったり、2対1だったりで公文に対応しているため、普段座って話す時間をなかなか取れない中、しっかりそのおひとりと向き合う時間になっていることも大きい。結局のところ、つまり、コミュニケーションツールとしての公文。

普段誰にも言えずにいる家族への不満なんかを吐き出してくれることもあり、それが日々のケアにつながっていく。

たったおひとりのためにスタッフが専属となって時間をとられてしまう痛手や保険外サービスであるがゆえに「どうしてあの人だけ」という不公正さも生んでしまう課題をもってしても公文を取り入れるわけは、そこにある。

 

ちなみに保険外サービスについては厚労省が下記のようなガイドブックを出しており、公文も紹介されている。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/guidebook-zentai.pdf

 

施設長は、先生役のスタッフ1人につき多数の生徒という、学校形式のデイサービスである「おとなの学校」も見学をされ、内容もとてもよかったそうだけれど、初期投資が500万ですって。それはハードル高いわ・・・

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com