Blog

介護者がつくる認知症情報誌『でぃめんしあ 』最新号のNo.7のテーマは、ズバリ、レビー小体型認知症!

September 26, 2017

介護者がつくる認知症情報誌『でぃめんしあ 』最新号No.7が発行されました♪

(私も巻頭エッセイ、こんなときどうする、介護のミカタを担当させていただいてまーす)

 

今回の隠れテーマは「レビー小体型認知症」!!

認知症の中でも、下記に挙げるような特徴的な症状があるにも関わらず、うつ病やアルツハイマー病などほかのタイプの認知症との誤診も少なくないレビー。診断に違和感を抱いたら、再診やセカンドオピニオンを考えてみるのも大切なようです。

☆レビー小体型認知症の主な特徴☆

・幻覚(幻視・幻聴)➡いないはずの子どもがいたり、ごはんに虫がのかっていたり。意識がはっきりしている昼間にも見えるのが特徴!

・ふるえや歩行障害などのパーキンソン症状➡転倒や骨折のリスクが・・・

・レム睡眠行動障害➡夜中に大声で騒ぎ出すなんてことも・・・

・自律神経症状➡汗をかきやすくなったり、だるかったり。便秘にも注意!

そして、レビーの大きな特徴が薬への過敏性(過剰反応)。ほんの少しの薬が影響して、急に寝たきりになるなんてこともあるので、薬には要注意です。

初期には記憶障害の症状もあまりなく、画像診断で海馬の萎縮が見られないレビーは専門医でも診断が難しいといいます。確定診断の後にも、定期的な診察で見逃さないことが重要です。

 

というわけで、今回の「介護のミカタ」には、レビー小体型家族会・おしゃべり会の野寺香織さんの登場してくださっているので、ぜひご一読いただければ幸いです♪

 

でぃめんしあNo.7 はこちらからも読めます♪

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

パートナーというのは、相対価値ではなくて絶対価値だ。

だから他人がどう思おうと、傍からどう見えようと、アルコール中毒だとか多額の借金抱えていて、かつ状況の改善は見られないとか、よっほどの禁忌がある場合は別として、本人がよければそれでいい、と思う。

たとえばわが夫なんて、まだ付き合っていた頃、友人たち...

他人がどう思おうと。~パートナー論~

April 6, 2018

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com