top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

3.11にキャンドルの灯り

今年の3.11は急遽思い立って、夕方から車を飛ばして藤沢へ。

目的は、ぐるんとびースタッフ主催のこのイベント。

https://camp-fire.jp/projects/view/552966?fbclid=IwAR2Nzn9zal-DpC9hmPasTZdXK7bxbOfNjJ2rdRAzNYl76eFMOsObKV7Apg4


ぐるんとびーは開設直後から何度も取材していて、ときには子連れお泊まり取材を敢行するなど、私たち親子にとってちょっと特別な場所なのだけれども、コロナ以来ずっと足を運べていなかったから、2年近くぶりか。


キャンドルの灯りの暗がりの中で知った顔を探す。

知らないスタッフも増えていたけれど、今回の発起人・富樫さん始め、中心になった石川さんや大内さん、それからぐるんとびー代表の菅原健介さんや妻のゆきこさんの顔も。元スタッフで、ぐるんびーの入った団地に住んでいたためによくお泊まりさせてもらっていたのんちゃんも!あれ?今確か関西方面に住んでいましたよね(笑)??


発起人の富樫さんのことは以前にぐるんとびーのブログに書いたので、こちらに譲りたいと思うけれども、彼女のオカンっぷりときたら!見た目のクールさとのギャップったら!


彼女が中心となって、ぐるんとびーの屋台骨・石川さんや大内さんが張り切っているイベントとなったら、居ても立っても居られず、つい顔を出してしまったけれど、やっぱりぐるんとびーはあったかい。


ぐるんとびーと検索すると「炎上」と出てきてしまうくらい、しょっちゅう炎上させちゃってる代表・健介さんは、おいこらこら〜!!と困ったちゃんなところも多々あれど、彼の本当に困って地獄であっぷあっぷしてる人を吸い寄せるセンサーと、蜘蛛の糸垂らしてレスキューする、「誰も取り残さない」SDGsっぷりは、誰にも真似できない、と思う。

そして、それを支えているのが、ぐるんとびーのスタッフたちであり、やはり妻のゆきこさん。(夜中から冷凍庫開けっぱなしで、朝起きたら中身全解凍されても、笑って許してくれるのは彼女くらいだよ。本当、感謝して!)


「『誰もが心の在りどころとして   “戻ってこられる居場所”を生み出したい』

そんなメッセージを感じた初のイベント」

と彼が言っていたけれど、本当にそんな感じ。


ぐるんとびーのホーム感。ここに戻ってきてよいんだ感。

やっぱり行ってよかったなぁ。


短い滞在時間で、ちょっとずつ挨拶するくらいしかできなかったから、次はまたちゃーんと取材に行こう。

最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

コメント


bottom of page