• medicaproject 医療福祉ライター今村美

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。

彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。

いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。

藤沢にあるUR団地の一角にあるぐるんとびーには、全国から若者がやってきて、働いているけれど、ぐるんとびーで働いていれば全国からやってくる見学者、しかも介護看護の世界のフロンティアな人たち!と自動的につながって、そこからぐるんとびー以外の素敵な職場のありさまを見学へ行ったりなぞして、自分の知見をますます深めて広げてワクワクすることができる。

ほかの素敵なところと比較されるのだから、経営者だって自分のところをよりワクワク素敵なところにするための経営努力を余儀なくされる。そして、ますますワクワクを拡大させていく。

これから先、ワクワクできる職場だって人材確保が厳しい時代がやってくる。

つまり、ワクワクできない職場にはとんと働き手がやってこなくなる。

ならば、ワクワクいきいき働ける職場に変えてしまったほうが早い。

というより、おそらく、変えるしか道がない。

職員ハッピー、利用者ハッピー、結果、経営者もハッピー。

そのためには、ワクワク楽しい職場だよ!という情報発信も、これからの介護事業所には不可欠だろうと思う。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう小5になる娘が1歳半〜2歳頃、ひょんなことから老人ホームに住み込み取材することになった。 2歳下の妹が入院していた病院で同室になった人が老人ホームの経営者で、新しく有料老人ホームを開設するという。話を聞いていると、認知症があろうがなかろうが、出入り自由(※入居者や利用者が自由に出入りができる施設はそう多くはない)。図書室にギャラリー、カフェ、食堂があり、入居者や関係者でない地域住民も出入り自由

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 こんな側面があるのは、残念ながら現実だ。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努