• medicaproject 医療福祉ライター今村美

生きていることに意味がある。

ここのところ、本格的に時間に追われる生活に、ブログの更新が滞りがち(-_-;)

今週の大学院ゼミの講師は、ホームレス支援始め、目の前にいる困ったを抱える人をサポートするうちに、子育てやら障害やら、ありとあらゆる福祉,活動に包括的に取り組むに至った牧師の奥田知志さん。

元SEALs奥田愛基さんの父親でもある。

講義後、なんというか、ここのところ答えが出せずにもやもやしていたいくつかのことへの答えが見つかったかのような、とても晴れやかな心持ちで帰途についた。

やまゆり園事件以来、殺人犯となってしまった彼の行為は決してゆるされるものではないし、怒りを覚える一方で、彼の思考がまったく理解できないかといえば、自分の中の闇を見る。たとえば重度の身障者に生まれて、生きることの意味を問うた時、正直うまく答えられない自分がいた。だから、奥田牧師の「生きていることに意味がある」にズドンと射抜かれた。そうだよ、「生きているいのちに意味がある」。答えはいたってシンプルだ。

研究においても、質的研究にロジックモデルを当てはめることの違和感が拭えずにもやもやしていた。アウトカムは大事。結果も大事。だけれど、ピシッパシッと引かれた枠からこぼれ落ちるものの中にも、むしろ、そこに焦点を当てて、浮かび上がらせることに、質的研究の強みがあるのではと、そう感じていることが奥田牧師の講義を聞いていてよくわかった。問題解決が最終ゴール、目的なわけじゃない。対象に「伴奏」することで見えてくるものを言語化し、可視化し、論文という形式に則って差し出した結果が問題解決の糸口となるのであって、求める結果から逆算していくやり方は、どうやら私の求めるものではなさそうだ。

最新記事

すべて表示

えにしの会のえにし。

ゆき(大熊由紀子)さんのゼミに入ってから、2ヶ月。 たったの2ヶ月とは思えない濃密さ。 土曜日には、ゆきさんが毎年4月に主催されているえにしの会の打ち上げということで、ゆきさん宅にゆきゼミOB&現役院生たちが集う会。家中本棚だらけの理想のお宅(笑)!素敵過ぎる! ゆきさん宅後、晴庵で会食。 こちらもお料理もお酒も絶品でございました。 今回は、始終一年前のこの会で急接近→ご結婚と相成った先輩お二

そして、日本はビンボーになった。

私が大学を一年休学して、ヨーロッパを遊学したちょうど20年前。 イギリス滞在期間6か月中、日本に帰る前の数週間だけ、語学学校に通いながら、ロンドンに滞在した。 日本ではバブルの残り香がまだ少し漂うその頃の、ロンドン市内の語学学校は、ほとんどを日本人学生が占めていた。100%日本人、という学校もあって驚いた。 日本人ばかりの語学学校で、日本人ばかりの寮に住み、一日のほとんどを日本語で過ごしている「留

がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)。

文科省の「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン」に採択され、平成30年度より国際医療福祉大学大学院もコースを開講したという。 「ライフステージに対応したがんプロフェッショナル多職種協働人材育成コース」と「ゲノム解析医療・希少がん診療に精通した医療者育成コース(インテンシブ)の2コース。 要請する人材像が「多職種協働による機能的なチームを作り、ライフステ