• medicaproject 医療福祉ライター今村美

富士山という偉大なる存在の功罪。


「とにかく毎日発信する」ことの大切さがいたるところで説かれているので、物は試しに毎日書くぞと決めて、でも毎日はできてないけど、大体毎日書いている。

それで気が付いたのは、たくさんの人に訴えかけようと言うよりは、誰か一人の人が念頭にあって、実はその人へ向けて書いていたり、すぐ身近な人たちへ向けて書いていることがとても多いということに気付いた。

これ、ほとんど「手紙」だ。

山梨に住み始めて9年。

富士山を臨むこの土地のポテンシャル自体はとても高い。

もっともっとワクワクすることができそうなのにもったいない、と思うことも少なくない。

富士山という大きな存在があるから、それだけで満足、現状に満足してしまうというマインドが働いて、新しい動きにつながりにくいというのを、地域おこしに尽力する地元の方がおっしゃっるのには、大いにうなずいた。

富士山の功罪と書いたけど、富士山自体はひたすらよいものだわね。

富士山は本当に素敵。

だからこそ、富士山の大いなる力も借りて、この地域はもっともっとその潜在能力を発揮できる。

あなたが動けば、地域は変わる。

というわけで、商店街の昔ながらの本屋さん、私にリノベさせてくれないかな(笑)

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

どこか遠くの夢物語ではなく。

大学院のゲスト講師としてもつい先月来てくださっていた下河原忠道さん。銀木犀というサービス付き高齢者向け住宅を展開している株式会社シルバーウッドの代表が『カンブリア宮殿』に登場。 わが家にはテレビがないので、観られるのは夏休みの実家帰省時だと思っていたらば、WEB視聴が可能と知る。 https://tver.jp/episode/45129480 どこか遠くの夢物語だと、それだけで終わら

八女に来んね(おいで)♪ file003 菓子処きくや

福島白壁の町並みすぐ近くにある「菓子処 きくや」は、明治35年創業。 100年以上続く老舗の和菓子屋さんである。 実家へ帰ると取材先への手土産によく利用させていただく、おなじみのきくやさん♪ 1個50円の一口サイズの『茶の実もなか』は柚子と抹茶の2種類が楽しめて、手土産にぴったり。 「八女に帰っていらしてたんですか」と出迎えてくれるのはたいてい奥さまで、まれに、いかにも職人さん!なボクトツ