• medicaproject 医療福祉ライター今村美

【本】ボーク重子『世界最高の子育て』

副題には「「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」とあって、このタイトルにぎゅーんと手を伸ばす親もいる一方、逡巡する親もいるよねと思いつつ、もちろん後者で逡巡しながらも、口コミの評判を読んで、結局買う(笑)

「全米最優秀女子高生」に選ばれるようなエリートを育てるという文脈は表面的なことで、共感できるところ多々。

・共感力→協働力を育てる

・「好き・得意」を伸ばす

は、私が子育てで最も大切にしていることでもある。

だからこそ、介護施設に子連れで住み込み取材に行くなんてこともやるわけで。

共感力→協働力、自分が何をしていると幸せで、何をすると人に喜ばれるのか、娘がその気づきを得られるまたのない機会になっていることは言うまでもない。

本著内で実践されていることのいくつかは既に我が家でも実践されていることでもあったけれど、一方、最近「どうでもいいこと」を見逃せずに注意して、娘の自己肯定感を阻害する傾向にあったので、その点は大いに反省。

もっとこうできるなという改善ポイントやこれは取り入れたいという新たな気づきも。

たまにこうやって自分の子育てを振り返る機会も必要だなー。

これからの子育てにとって、とっても大切なエッセンスがつまった良書。

タイトルに躊躇せず、ぜひとも手にとってほしい。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう小5になる娘が1歳半〜2歳頃、ひょんなことから老人ホームに住み込み取材することになった。 2歳下の妹が入院していた病院で同室になった人が老人ホームの経営者で、新しく有料老人ホームを開設するという。話を聞いていると、認知症があろうがなかろうが、出入り自由(※入居者や利用者が自由に出入りができる施設はそう多くはない)。図書室にギャラリー、カフェ、食堂があり、入居者や関係者でない地域住民も出入り自由

探究学舎という、まさに文字通り、子どもたちの探究心に火を点けて、あれよという間にその世界へと誘ってくれる学舎(まなびや)がある。 大元のスクールは三鷹にあるのだけれど、新型コロナを機に、オンラインコースがスタート。わが家の子どもたち(小5娘と小1息子)もオンラインが始まった当初からずーっと受講し続けている。 海洋生物編だとかアート編だとか、2ヶ月単位でテーマが変わり、目下ロボット編。3月からは、広