• medicaproject 医療福祉ライター今村美

怒涛の1週間。


毎日ブログを書くことをノルマにしていたはずが、気が付けば1週間サボリ(-_-;)

怒涛の1週間に、自分が自分の人生に追いつけていない。 先週は、私もメンバーに入れていただいている富士北麓緩和ケア研究会主催の「おしゃべりば・か・ん・わ」もスタート。地域の人が気軽に立ち寄って、病気のこととか介護のこととか、子育てのこととか、困っていることとか、ちょっと人に話してみたり、誰かとつながれたりする場所がほしいね、ということで立ち上がった場。 月光寺から続く中央通り沿いにあるまつや茶房をお借りして、毎月第3金曜開催です。

か・ん・わ第1回終了後、まつや茶房のすぐ近くにある古本屋・不二御堂の店主から「絶望名人F.カフカの言葉を中心に。」展示のご案内来ていたなぁと、ひさびさに顔を出す。 いやぁ、カフカ、ヤバいね。

もはや笑いの域に達してる。 不「カフカ、3回婚約してんだよね。結構イケメンなんだよね」

私「遠くから眺めてる分にはおもろい奴ですけど、カフカの心の複雑骨折っぷりは近しい人間には結構迷惑ですよね」

等々、おしゃべりをしつつ、店主が書いたカフカの言葉を3枚購入。 プラス、写真の店主自身の言葉(笑) 店主が自分のだったり、どこからかひっぱってきたりした言葉をはがきや別の紙やらになぐり書きしたこのシリーズ、結構好きで、たまに買っては、トイレの壁に気分で張り替えていたりする。 現在は、この写真の言葉。

選ぶ基準は、「娘(あと夫)がどう反応するか」(笑) でもまだ誰も貼り替えたことに気が付いていないらしく、つっこんでくれない・・・(-_-;) (夫は気が付いていても、時間差でツッコミを入れてくること多々)

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐるんとびーの敏腕ケアマネ石川さんが FBで「誰か一緒に行きませんか〜」と呟いていたのに即反応し、お互いの娘ちゃんも連れて、4月17日の最終回へ。 『かぐやびより』@「映画と本とパンの店」シネコヤ まずね、今回、初めて知ったシネコヤさんがですね。 映画と本とパンってさ、好きと好きと好きのかけ合わせって、もうなによ?!って言いたくなりますよね。 って、語調が思わず変わってしまうくらい、素敵なコヤ。

5年間も大学院時代を過ごしたにも関わらず、大した母校愛もない大学の祝辞が是枝監督で。 大学時代に『ワンダフルライフ』を観たときの衝撃は今も記憶に新しい。 母校の入学式の祝辞なんて毎年気にすることもなく過ぎていくのだけれど、今年は是枝監督なんだなぁと友人がシェアしているのを観て、読んでみたら。 まさか卒業(というか、博士課程中途退学)から20年近くも経って、母校の祝辞にこんなに励まされることになると