• medicaproject 医療福祉ライター今村美

若い~って、す~ばらし~い~?!

今年40代に突入するのだけれども、なにかしらんが、大学入学~20代の自分をふと振り返る機会がとても多い。

多分、20代の人たちと接する機会が増えたことや、大学入学あたりから私がやっていたことが現在になって線になってつながってきたこともあると思う。 小さい頃から「若い」ということにちーっとも価値が見出せなくて、早く歳をとりたくて仕方がなかった。

大人になるにつれて生きやすさは格段によくなっていったし、20代は楽しいこともたくさんあったけれど、戻りたいかと言われれば、ご免こうむりたい。

20代の「若い」ということが武器になるその最中にあっても、当然その恩恵は十分に受けていたには違いないのだけれども、やっぱりあまり価値を見出せなくて、「早く60歳にならないかなぁ」と考えていた、笑。

実際に、30代は20代よりも、もっと生きやすくなった。

20代の頃、親やら上司やら友人やらあらゆる人に「融通が利かない」と異口同音に言われたけれど、「正しさ」よりも「正しくないことも包み込むゆるさ」に、「パーフェクトであること」より「どこか抜けていること」に価値を見出せるくらいには、歳をとったからかもしれないなぁ、と思う。

20代頃の私は本当にひとりよがり、独善的だったよなぁ(-_-;)

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

このところずーっと小児がんの小冊子づくりのために、土日なく取材やオンラインイベントが続いていたし、情報収集すればするほどポジティブな情報ももちろんたくさん知ることができる一方で、小児がんをとりまく厳しい現状や課題も改めてより深く広く知ることになる。 小児がんの子どもを持つお父さんお母さんからのSNSの発信に、サポーターであるとはいえ、当事者でない私がいいねボタンを押してよいのか、一瞬迷って、でもや

ギャラは仕事への評価なので、そりゃあ高いにこしたことはないのだけれど、どんな仕事をして、どんな仕事をあきらめるかは、お金だけの問題でもなくて、結局のところ、その仕事に求められていることと、私のやれること、やりたいことの一致具合なのではないかと思う。 同じ方向性を向いているという温度感が感じられれば、私の持っているものを最大限いかせすことで相手に喜んでもらえたり、社会的に意義のある仕事につながりそう

前々回で天狼院書店について書いたのだけれども、ライティング講座よりも、そもそも書店としてのあり方のほうがとても気になる。 HPをのぞくと、「天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。」とある。 ライティング講座提供しているだけでなくて、フォト部とか漫画ラボとか、なにやらおもしろそうなイベン