• medicaproject 医療福祉ライター今村美

わが家の小2、『ガラスの仮面』に学ぶ。


最近、恒例の小2娘の「自学ノート」シリーズ(笑) ここんところ、すーっかりガラスの仮面にハマっている娘。

どうやら目下紅天女の4つのエチュード「風火水土」のところを読んでいるらしく、「紅天女っていうのは自然の神様のことだと思うんだけど」とか「私人間に生まれてよかったと思うの。だって、自由に考えることができるでしょ」とか言ってくる(笑) おもしろいから、「それ自学ノートに書き留めておけば~」なんて言ってたら、本当に書いてた(笑) ちなみに、昨夜は、夜寝る前の30~1時間の母子のあそびタイムにて、『ガラスの仮面ごっこ』。風のエチュードを試みるねえねの前のして、息子も風になっておりました(-_-;) 私は、もちろん月影先生役。。。 それにしても、一度読み始めるとちーっともこちらの言うことが耳に入らず、夕飯すら食べずに読み続ける娘を見ていると、母に「あんたは本ば読み始めると、つんぼじゃん。ちなーんも聞こえんごつなる」とさんざん説教されていたのを思い出す。娘と私のキャラクターはだいぶ違うけど、ここは共通点だな。自分が母になって見れば、母親に説教されていたのもわからなくない。いや、むしろわかる。夕飯やお風呂の前に娘が本を読み始めそうになると全力で止めてしまうもんね。「いや、待て、それあと!」 もっとも、一度読み始めたらいさぎよくあきらめるのみ。自分がやっていたことだけに、説教できる立場に、ない。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐるんとびーの敏腕ケアマネ石川さんが FBで「誰か一緒に行きませんか〜」と呟いていたのに即反応し、お互いの娘ちゃんも連れて、4月17日の最終回へ。 『かぐやびより』@「映画と本とパンの店」シネコヤ まずね、今回、初めて知ったシネコヤさんがですね。 映画と本とパンってさ、好きと好きと好きのかけ合わせって、もうなによ?!って言いたくなりますよね。 って、語調が思わず変わってしまうくらい、素敵なコヤ。

5年間も大学院時代を過ごしたにも関わらず、大した母校愛もない大学の祝辞が是枝監督で。 大学時代に『ワンダフルライフ』を観たときの衝撃は今も記憶に新しい。 母校の入学式の祝辞なんて毎年気にすることもなく過ぎていくのだけれど、今年は是枝監督なんだなぁと友人がシェアしているのを観て、読んでみたら。 まさか卒業(というか、博士課程中途退学)から20年近くも経って、母校の祝辞にこんなに励まされることになると