• medicaproject 医療福祉ライター今村美

ゴッホはなぜ自分で自分に銃を撃ったのか。


最近というか昨年あたりから、伝記まんがにハマっている長女。 『スティーブ・ジョブズ』を読んでいるの見た時には、「現代っ子だな!てか、ジョブズもう伝記?でもまぁそりゃあそうか。ジョブズは伝記になるよな!」と、一人合点したものだけれど、『レーナ・マリア』とか『エリザベス・ブラックウェル』とか、ぶっちゃけ「誰だ、それは?」と初めて聞くような人物の伝記を読んでいることが多くて(私が知らんだけ??)、伝記まんがの世界が私が子どもだった頃より、はるかにニッチに射程範囲広く進化していることを知る。 ちなみに、 『レーナ・マリア』は、スウェーデン生まれのゴスペルシンガー。両腕がなく、左足も右足の半分の長さで生まれた彼女は、歌唱力だけでなく、水泳の才能にも恵まれ、ソウル・パラリンピックの水泳でも活躍。

『エリザベス・ブラックウェル』は、(「近代の科学的根拠に基づいた医学を勉強し、公的医師免許を取った女性として」)世界初の女性医師。 知らんがな! でも、確かに彼女たちの人生は伝記たりうる魅力にあふれていて、私もついついつられて一気読みしていること多々(-_-;)

昨日は『ゴッホ』を借りて読んでいた長女、予想通り「ゴッホが自分で耳を切り落とした」ことに衝撃を受けている。 「なんでゴッホは自分で自分に銃を打ったの?」と聞かれたけれど、うまく答えられなかった。 「いのちはたいせつに」とか「じぶんをたいせつに」なんてことは、そりゃあ当然っちゃ当然なんだけど、ゴッホの切実さを前に、耳を切り落とさないことも自分に銃を向けないことも、そんな正論はなんだか的を外しすぎている気がする。 その「気がする」を子どもに伝えるのは難しい。 でも、こちらの質問になら、お母さんも自信を持って答えられます。 「伝記をたくさん読んだら、『伝記をたくさん読んだ人 ワカメ(※長女の愛称)』って、伝記になる?」 「伝記をたくさん読んだくらいでは、伝記にはなりません!」(笑)

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ことばの呪い

言霊っていうけれど、ことばって、本当に不思議で、たとえ相手からポジティブなことばを引き出したくって発することばだったとしても、そのネガティブさは、どんどんどんどん自分も相手も蝕んでいく。 ポジティブなことばをかけていた相手も、ネガティブさに引きずられていって、気がつけばネガティブことばのオンパレード。 そんなことが毎日続けば、ポジティブに肯定してほしかったであろうことたちが全部そのままネガティブに

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com