• medicaproject 医療福祉ライター今村美

福祉の世界をupdateする若者たち!「社会福祉HERO’S(社会福祉ヒーローズ)」賞♪

全国社会福祉法人経営者協議会(全国経営協/会長 磯 彰格、東京・千代田)では、社会福祉の最前線で、福祉の世界をよりよいほうへupdateしようと挑戦をする若者たちへ贈るHERO'S賞を創設、去る3月14日に表参道ヒルズにて、プレゼンテーションコンテスト兼授与式が開催された。

Care Weeksと重なって当日参加はできなかったのであるが、「社会福祉HERO’S(社会福祉ヒーローズ)」賞にノミネートされた受賞者6団体から投票形式で最優秀賞を選ぶのは、会場に足を運んだ現役バリバリの福祉人材や未来の福祉人材である学生たちというのも試みとしておもしろい。自分たちで選ぶベストHERO。

福祉の世界は、なにかとネガティブにとらえられがちだけれども、実際に人材不足に財源不足とネガティブ要素満載で切羽詰まっているだけに、脳みそ使ってなんとかしなくてはと、クリエイティブなことがどんどん生まれてくる可能性も大いに秘めている。低空でも飛行できているうちは、案外その低空でよしとしがちなのが人間であるという側面もあるけれど、このままじゃ~だめなんだ~と~、とまどい~傷つき~ながらも、福祉の世界をupdateしていこうと、冷静と情熱の間で踏んばる若者が全国各地で誕生している。

第一回の最優秀賞受賞者は、京都府「みねやま福祉会」Ma・Rootsセンター長、櫛田啓(くしだたすく)さん(35歳)。

資料によると…

「虐待などの事情により社会的な養育が必要な子どもと関わり、彼らを支援するほかにも、障がい者施設・特別養護老人ホーム・保育所が同居する「ごちゃまぜの福祉」をコンセプトとした施設に施設長として挑戦中。施設建設時には、地域住民から反対運動も起こったが、現在では「(施設の)子どもが増えて活気づいた」「地域の祭りが以前より盛り上がる」など、感謝の声も。フェアの企画・運営やデザイン戦略、SNS戦略を駆使した先端の採用手法を取り入れるなど、活動は多岐に渡る。」

とのこと。「ごちゃませの福祉」は私の大好物である(笑)

それにしても、またもや京都!

京滋嚥下・摂食を考える会といい、認知症ケアや多職種連携のあり方といい、京都は層が厚い。またひとつ、取材へ行きたいところが増えた。

最新記事

すべて表示

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。 彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。 いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。 藤沢

命の沙汰は運次第?!

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 こんな側面があるのは、残念ながら現実だ。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

富士北麓のキャンサーズナイト。

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努