• medicaproject 医療福祉ライター今村美

「古いものを古いままではいけない」fromキモノ女子会

今回はゲストありということで、久々のキモノ女子会。

キモノ女子会は、富士吉田にあるギャラリーナノリウムで月一ペースで開催されている趣味の会のようなもの。

ゲストは、ポーラ美容室の渡邉八重子さん。

全国日本着付け講師会最高師範である八重子さんの着こなしのモダンさときたら、本当に素敵でございましたが、お人柄といい、歩まれてきた道といい、最高でした❤ ポーラの販売員として月間100万を売り上げていたにも関わらず、美容の道を究めたいと一念発起。美容師となるために、3人のお子さんがいらっしゃる身で朝は未明から東京通いしたというエピソードには、4月から友人にベビーシッターをお願いして、夜の大学院通いを敢行しようとする身にとっても大いに励みに。近くに頼れるじじばばが住んでいない点も共通していて、ますます共感。

現在70代と思われる八重子さん(年齢不詳。見た目お若い!)、当時はいまのように新宿まで1時間半の高速バスがあるわけでもなく、いま以上に世間の母親への目はキビシカッタであろうことは想像に難くないのに、あっけらかーんとお話される八重子さんに女子会一同目がハート、すーっかりファンとなっていたのは私だけではなかったはず。

「なにをやってもいいけど、基本はしっかり」

「古いものを古いままではダメ。今風、新しいものと組み合わせてハッとするものになる」

「着物の糸に負担をかけない、やさしい着方が大事」

これらは着物だけでなく、あらゆることに通じる極意にも感じられる。

「その人がいかによく見えるか」を大切に、「きつくない」だけれど「崩れない」、八重子さんの着付け。ここぞという時に一度体験してみたい。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【本】ボーク重子『世界最高の子育て』

副題には「「全米最優秀女子高生」を育てた教育法」とあって、このタイトルにぎゅーんと手を伸ばす親もいる一方、逡巡する親もいるよねと思いつつ、もちろん後者で逡巡しながらも、口コミの評判を読んで、結局買う(笑) 「全米最優秀女子高生」に選ばれるようなエリートを育てるという文脈は表面的なことで、共感できるところ多々。 ・共感力→協働力を育てる ・「好き・得意」を伸ばす は、私が子育てで最も大切にしているこ