• medicaproject 医療福祉ライター今村美

恋する豚研究所のお肉たち。

「恋する豚研究所」というところがある。 「恋する豚研究所」というブランドで、豚肉関連商品を出している。

HPをみても、福祉のふの字も介護のかの字も障害のしの字も出てこない。

けれど、「社会福祉法人 福祉楽団」という、高齢者福祉から始まり、特養から在宅、障害者支援まで幅広く展開する法人が運営する株式会社で、実際に障害を持つ人たちも多く働いている。 でも。「恋する豚研究所」は、障害者の自立支援とか就労支援なんてことをウリにするのではなく、あくまで味で、パッケージで、商品で勝負する。その姿勢や意気込みは福祉のふの字も介護のかの字も障害のしの字も一切出てこないHPを見ればわかる。 そもそも、「恋する豚研究所」なんてネーミングが素敵過ぎる。 パッケージもごらんの通り。センスがいい!

というわけで、いろんな人から話を耳にするようになったこともあり、取材に行きたくて、よく記事を書かせていただいている看護連盟の会報誌『アンフィニ』編集部に企画を出していたらば・・・

編集部、取材に行っとるやんけ! しかも・・・ ​

​ 特別優待販売の企画に発展しとるがな! 後日、別の取材で編集部の千葉さんにお会いしたら、「スタッフの女性陣が商品のほうに食いついて、プレゼント企画にしたいということで、直接取材に行ってきました」とのこと。

うんうん、このパッケージに、このネーミング。福祉とか障害とか飛び越えて、純粋に商品気になるよね。てか、食べたくなるよね。わかるわ~! 自分の出していた企画がこういうかたちで発展するのは嬉しい。取り上げてくださったアンフィニ編集部に感謝しつつ、ちゃっかり10%オフに便乗、冒頭の写真に続く(笑) 早速昨夜豚肉バラを野菜と蒸し煮して、恋する豚研究所自慢のぽん酢と一緒にいただきましたが、純粋に美味でした。豚肉の白い部分がちょっとでもあるといやな顔する娘がちーっとも気にせずに食べていたのみならず、娘も息子も残ったぽん酢を飲み干してました・・・(-_-;) 生肉だけでなく、ベーコンとハムとソーセージも気になるところ。普段、これらの商品はもろもろいろんなものが入っているものが多くて極力避けている&厳選しているわが家基準をクリアし、着色料不使用、豚のごはんや育て方にもこだわっている点にも期待大。 それらは週末のお楽しみにとっておくとして、今日は豚汁つくるぜ~! それにしても、また飯田さん(イケメン!)に会いそびれた~! 飯田さんへのインタビュー取材のお仕事依頼、大歓迎ですよ~(笑) と、冗談はさておき、週末は行列ができるほど人気という恋する豚研究所の食堂にも近々行ってみたい。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。 彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。 いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。 藤沢

命の沙汰は運次第?!

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 なーんて側面があるのは、残念ながら現実。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

富士北麓のキャンサーズナイト。

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com