• medicaproject 医療福祉ライター今村美

インフルエンザには炭酸のぬけたコーラ?!

インフルエンザB型に続き、A型発症の息子は、発熱は初日の夜中の38.6℃のみ、翌日には37℃台の微熱から平熱に、以降、平熱が続く。(よって、常に元気いっぱい、ひとり忍者ショーで常に見えない敵と戦っている人を一日中相手にしなければならず、ある意味修行) というわけで、これまでインフルエンザにはかかったことがないと思っていたけれど、単に受診しなくて、診断されてこなかっただけなのでは?という結論に至る。 発熱しても、ぐったり&39℃超える等の症状がなければ、病院へ行かず自宅で養生が基本だったわが家。共働き家庭の子どもを週の半分くらい預かるようになってからは、うつると困るので感染症か否かの診断のために、小児科へ行くようになった。 今回は受診当日には微熱で迷ったものの、娘のインフルエンザA型が1日目38℃台、2日目微熱、3日目に39℃超という経緯をたどったことと、口臭からインフルエンザっぽさを感知して受診したけれども、普段のわが家だったらば見過ごしている可能性大。

集団生活をしている以上、小児科受診は周囲のご家庭のために必須か、今後ますます悩む。症状が軽いのに受診して、別の感染症をもらってくることは避けたいし、ムダな医療費の発生に貢献もしたくない。 そういえば、以前にフランス在住の友人とインフルエンザの話になった際、「フランス人、インフルエンザだったとしても大騒ぎしない。というよりそもそもインフルエンザだ○○だという確定診断をそれほど重視していない。ほかの風邪と一緒。休んで、炭酸のぬけたコーラ飲んで終わり」。 フィリピン人の友人にも聞いてみたら、インフルエンザだからといって日本のように解熱後○日は社会復帰しない、というような厳格なルールはない模様。 インフルエンザは、確かに感染力が強くて、何日も高熱が続く、時に重篤な合併症を引き起こしたり、死に至ったりすることもある怖い感染症であることは疑いないにせよ。日本人のインフルエンザに対する用心深さは、日本社会のパツパツすぎるタイムスケジュール(余裕のなさ)によるものでは・・・という気もしないでもない。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。 彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。 いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。 藤沢

命の沙汰は運次第?!

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 こんな側面があるのは、残念ながら現実だ。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

富士北麓のキャンサーズナイト。

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努