top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

グレーゾーンって白黒はっきりさせる必要あるの?

と、タイトルに書いたが、世の中ってグレーゾーンがいっぱいある。 ものにもよるし、白黒はっきりさせることが大事な場面もあることは百も承知で、グレーに白黒つけようとすることで、あつれきがうまれて、互いの思いが遠く遠くへと運ばれてしまうことは少なくないと思う。 ぼやっとさせておく、ということが最適解なことはたぶんある。 なんてことを考えていた昨日は、小学校一年生の娘ちゃんの授業参観でした。 小学校始まってすぐの授業参観では、恥ずかしくてまともに発表できなかった娘ちゃんがちゃーんと発表できていて、おかあちゃんモード全開。 ほかの子たちもみんなそれぞれによい感じ。

実の親にすら「子どもなんか産まないんだろう」と思われていた私が、わが子のみならず、ほかの子どもたちまでも愛しく思える日がくるとは。ほーんとびっくりー。

人間、歳を取るのも悪くない。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

老人ホームに住んでみた。

もう小5になる娘が1歳半〜2歳頃、ひょんなことから老人ホームに住み込み取材することになった。 2歳下の妹が入院していた病院で同室になった人が老人ホームの経営者で、新しく有料老人ホームを開設するという。話を聞いていると、認知症があろうがなかろうが、出入り自由(※入居者や利用者が自由に出入りができる施設はそう多くはない)。図書室にギャラリー、カフェ、食堂があり、入居者や関係者でない地域住民も出入り自由

4歳ムスコの平和的解決。

ムスコに「おこりんぼかあさんはこわくないの?」と尋ねたらば、 「こわくなーい。かっこいい。今度から、かっこいい!っていう~」との答え。 ふ~んと流していたらば、数時間後、いつものごとく、またムスコがやらかしている。 「なにをやっているの!」と叱り始めたらば、「かっこいい~」とムスコ。 なんのことやらピンとこず、叱るのをやめてキョトンとしていたらば、再度「かっこいい~」 しばし考えて、ようやく、「お

bottom of page