• medicaproject 医療福祉ライター今村美

やわらか羊羹と京滋摂食・嚥下を考える会


ぐるんとびーでは毎日のように見学やら取材やらの訪問者がいらして、いかに注目されているかをひしと実感したわけだけれども(←みな目の付けどころは一緒~)、最後の最後でお会いしたのが作業療法士で京滋摂食・嚥下を考える会の世話人で医療・介護(ケア)・教育からつながる「楽」を考える会代表(そのほかにもおもしろげな肩書多数ですが以下省略、笑)の山下和典氏。

山梨の自宅へ帰る支度もすんでいざ帰ろうという時に、ぐるんとびーに遊びにいらした山下さんと出くわし、ちゃっかりいただいたのが京滋摂食・嚥下を考える会が京都の菓子メーカーと開発した「やわらか羊羹」。

舌でつぶせて、やわらかい。飲み込みしづらくなった方でもおいしく食べられる羊羹。実際食べてみると、ふしぎな口どけ。口の中ですーっととける。それから、これとっても大事なことだと思うのだけれど、見た目もふつうに羊羹だし、味もおいしい!さすが京都な上品なお味❤

HPを見たら、やわらか羊羹のほかにも、水羊羹、さくら餅、合わせ餅、わらびもち、みたらし団子などのラインナップがあって、どれも食べてみたかったものの、ひとまず取材の際の手土産用にやわらか羊羹を注文。ちなみに、どのお菓子もすべて嚥下調整食に入っているそう。

https://www.minoyo-food.co.jp/engesyoku 山下さんは食べることだけでなく、出すこと(排泄)にかかわる活動にも精力的だけれど、これも本当に大事な視点だと思う。食べることと出すことはセットで、両方生きることの質と密接だ。

「わくわくしたいだけなんですよ」と山下さんはおっしゃっていたけれど、医療や介護の世界って、課題も山積み、明るくない未来ならいくらだって描けるけれど、こういう人たちがいるから本当におもしろい。こちらも「わくわく」したくなって、取材したい人も場所もどんどんどんどん増えていく。あー、困った!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

どこにだって行ける。

特養で働く知人と話していたら、「離職がハンパない。ひどいありさま」という。 彼女は小学生のこどもがふたりいるので、歩いても行ける距離ということで、その職場で看護師として働いているが、楽しくない職場に居続けるケア職はこれからますます減っていくだろう。 いまのケア職たちは、SNSでつながって、「あら、こんなところに素敵な職場が!」と情報を得て、全国どこでも自分に合いそうな職場を選ぶことができる。 藤沢

命の沙汰は運次第?!

受けられる医療はどこに住んでいてもだれにとっても同じクオリティが担保されるべきだけれども、正直、命の沙汰は金だけでなく、残念ながら運次第と思えることは少なくない。 よい医者にめぐりあうも運。 命が助かるかも運。 こんな側面があるのは、残念ながら現実だ。 そもそも医療資源の単純な問題で、たとえば脳卒中を起こした時に迅速に医療機関にアクセスできる地域に住んでいるのか否かは大きいし、NICUのある地

富士北麓のキャンサーズナイト。

昨日の富士北麓緩和ケア研究会は、ご自身がん体験者で、政策提言にもガンガン関わっていらっしゃる山梨を代表する、否、日本を代表するがん患者活動家のお一人・若尾直子さんをお迎えしての公開勉強会。さすが、山梨県のがん医療のことがよくわかる! 若尾さんのお話からは、自身にとって最適な医療を受けるためには、受け身の姿勢ではなく、自身の抱えるの不安や悩み、やりたいこと、やってほしいことを整理して、言葉で伝える努