top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

活用したい、患者会の情報網

医療ライターなるものを10年もやっていると、医療相談を受けることも増えてくる。


医療者といえど、自分の専門領域以外だったり、地域外の医療情報だったりには疎いもの。

医療者から相談を受けることもある。


もちろんどんな相談にも答えられるわけではまったくない。

というより、むしろ私自身が答えられることなどほとんどない。

でもお役に立てることもある。


最近受けた相談は、「○○という地域で腹腔鏡下で子宮筋腫の核出オペができる病院ってご存知ですか??」というもの。


○○という地域は私もよく知らない。

ひとまず、子宮がん・卵巣がん情報に詳しい患者団体の代表にメールを投げてみた。 ところ…30分も経たないうちにお返事が!しかも有益でしかない、まさにピンポイントな情報が返ってきた。

さすが、患者会代表。このスピード感とこの質の高さよ!


どの患者会もこうではないことには言及しておかなくてはならないが、日々国内外の最新情報を追いかけている患者会の持っている情報たるや。

本当に素晴らしいんです!!!!


患者会にも仲間づくりに強くて、医療情報や医療的ケアにはあまり強くないという患者会もあれば、仲間づくりも医療情報も強い!という患者会もあれば、カラーはさまざま。


自分に必要な患者会を負担にならないように見つけて、負担にならないように活用する、ということは是非ともおすすめしたい。


患者にとって、患者会という心強い味方がいることをまずは知っていただけたら、と思う。

最新記事

すべて表示

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。 手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。 どうせ気になってしまうのだ。 大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにい

また、会ったね

どんなに前向きな言葉を与えて、よし大丈夫!と言い聞かせてみたとて、 からだというやつはコントロールができない。 じんましんちゃんよ、いま、また君が出てくるの? 思考することも書くことも眠ることも、私から奪う、全身カユカユ星人。 あぁ、本当に困ったな。 今度はどのくらい君とお付き合いしなくっちゃならないの? 君と永遠にお別れできるようになるために、君からのメッセージは一体なに? いっつもここぞという

今週の目標は…

早寝早起き!! 適度な運動。 健康的な生活を送ることで、全身カユカユ蕁麻疹星人からの脱出! かゆい!

Comments


bottom of page