top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

書くということ。

脳性麻痺の友人の本を出版したい…ではなく、出版する、ことを知ってもらおう!という意図で始めた、noteというメディアでの毎日note。一日にこんなにもたくさんの人たちが文章を書いておるのか!とびっくりしたし、珠玉の文章であふれていて、これ以上私が文章を書く必要なんてなくないか?という気持ちに陥ってしまいがちだったり、変に誰かの言葉にひっかかってしまったり、妙に時間と気持ちが持っていかれがち。出版という目的がなかったらもっと早くに止めていた気がするけれども、いずれにせよ、戦略なく毎日noteを書き続けることで無意識にすり減っているものとの天秤にかけて、一旦撤退。


とはいえ、毎日何か書くという習慣をやめてしまってはもったいない気がするので、止まっていたblogを再開することにしたわけですが、ライターでもジャーナリストでもなんでもいいんだけれど、書く人としてのアイデンティティが揺らぎまくったこの数ヶ月。


じゃあ、書かんのか?と言われたら、このモノ・ヒト・コトのことを伝えたい!というモノ・ヒト・コトに出会い続ける限りは、やっぱりなんだかんだ書いてしまうんだろうね、という結論に至る。


素敵なモノ・ヒト・コト

美しいモノ・ヒト・コト

がんばってるモノ・ヒト・コト

孤高なモノ・ヒト・コト

痛みを抱えるモノ・ヒト・コト

かぶいてるモノ・ヒト・コト

おもしろいモノ・ヒト・コト

ワクワクするモノ・ヒト・コト


は、あふれちゃってんのよ、世の中に。

最新記事

すべて表示

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。 手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。 どうせ気になってしまうのだ。 大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにい

また、会ったね

どんなに前向きな言葉を与えて、よし大丈夫!と言い聞かせてみたとて、 からだというやつはコントロールができない。 じんましんちゃんよ、いま、また君が出てくるの? 思考することも書くことも眠ることも、私から奪う、全身カユカユ星人。 あぁ、本当に困ったな。 今度はどのくらい君とお付き合いしなくっちゃならないの? 君と永遠にお別れできるようになるために、君からのメッセージは一体なに? いっつもここぞという

今週の目標は…

早寝早起き!! 適度な運動。 健康的な生活を送ることで、全身カユカユ蕁麻疹星人からの脱出! かゆい!

Comments


bottom of page