top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

更年期=人生の再スタート期。



助産院フジサンバの助産師みゆきさんのオトナの保健室。



テーマは「更年期」。

はい、まさに私に必要なやつ〜。





更年期とは、閉経の前後10年間を指し、誰にでもあるもの。

一方、更年期障害は、誰にでもあるわけではなく、症状もホットフラッシュや不眠、不安…etcのよく耳にする症状を始め、200〜300種類もあると言われており、個人差も激しい。


「更年期は、reborn 。生まれ変わるくらいの過酷さ」というほどの困難さを伴うこともあれば、「更年期??なんとなく過ぎちゃったわ〜」と、本当に千差万別。


だからこそ、個々の抱える困難さに、思いを馳せられる社会であってほしい!

と同時に、セルフケアはもちろん大切だけれど、婦人科や心療内科などなど、症状に合わせて力を借りることもできるよ〜ってことは、ちらっと念頭に入れておいてほしい。


更年期からくる自律神経障害かと思っていたら、単に重度の貧血だったーなんてこともあるから、不調や違和感を感じたときに相談できるかかりつけ産婦人科医を持つのもおすすめです。


更年期もだけれど、先進国では減少する中、日本では増加傾向にある子宮頸がん予防のためにも、かかりつけ産婦人科医がいると心強い。

「毎年の子宮頸がん検診のタイミングで、合うかかりつけ産婦人科医を探してみるのもよいよ〜」とはみゆきさんの言葉。


更年期対策には、運動/正しい知識/コミュニティ(話せる場)の3つが大切とも。

「真っ向勝負を挑むより、「波を受け入れてやり過ごす」」。

よって、「好きなことをして過ごす」「自分に甘く」が更年期という波を乗りこなすキーワード。


お墨付きをいただいたので、堂々と自分に甘く、好きなことをして過ごしていこうと決意を新たにしたフジサンバのオトナの保健室でした(笑)



みゆきさんのお話の後は、円〜つぶら〜のヒロさんのベジタリアンランチ。

しみじみとからだに沁みるおいしいご飯💓




おいしくて、ためになる講座。

機会があれば、みなさまもぜひ〜。



閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私は総理大臣になる

娘からの突然の「私は国をつくって、その国の総理大臣にならなくっちゃならないんだよね」宣言。 どういうこっちゃ?と話を聞いていると、体育会系ハードモードの吹奏楽部で高校生と一緒に切磋琢磨する、中高一貫校の新中2になった娘。 高3のリスペクトするパートリーダーに「Wのつくる国は平和そうだよね。Wの国をつくって国民にして」と言われて有頂天。 冒頭の総理大臣宣言につながる(笑) 「あ、じゃあお母さんもWの

HTLV-1ウイルスと菅付さん…のつもりが宇都宮先生と科学的スタンスのこと。

父親の入院やら、超体育会系吹奏楽部に所属する娘のマーチングの大会直前のコロナ発熱やらで、すーっかり遠い日のことのようにすら思える鹿児島での『教えて!HTLV-1のこと』シリーズ3冊の出版記念パーティー。でもよく考えてみればまだ10日程度しか経っていない。 このシリーズの編者であるNPO法人日本からHTLV-1ウイルスをなくす会「スマイルリボン」の菅付加代子さんとシリーズ1である『成人T細胞性白血

Comments


bottom of page