• medicaproject 医療福祉ライター今村美

悠久の灯り


今日は華舞師・山本芙沙子華舞公演&作品展示『悠久の灯り』。


こんなところに古民家なんてあるのかしら?という街中に、ひっそり佇む小石川大正住宅。『陰翳礼讃』をテーマに改築・再生されたという古民家は、すこーし傾いていて、建物保存のために人数制限ありという歴史あるしろもの。


味わいある建物で、ダンス雑誌編集者時代の戦友・芙沙子さんが踊る&作品展示するという。友人ファミリーを誘って行ってもよいかを尋ねると、なんと追加公演をしてくれることに。


華と舞と空間が調和して、神か、大いなる自然か、何の化身かは知らねども、聖なる儀式の場に遭遇してしまったよう。

窓の外で揺れる木々たちまでが計算された演出であるかのように揺れ、神聖さに加担する。


踊ることと、いけばな。ふたつのジャンルを融合させて、華舞という新しい道を拓いている彼女が、この建物に出会ってくれた奇跡に、この場に立ち会うことができたご縁に感謝しつつ。


祓とでも言うべきか、浄化された気分。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぐるんとびーの敏腕ケアマネ石川さんが FBで「誰か一緒に行きませんか〜」と呟いていたのに即反応し、お互いの娘ちゃんも連れて、4月17日の最終回へ。 『かぐやびより』@「映画と本とパンの店」シネコヤ まずね、今回、初めて知ったシネコヤさんがですね。 映画と本とパンってさ、好きと好きと好きのかけ合わせって、もうなによ?!って言いたくなりますよね。 って、語調が思わず変わってしまうくらい、素敵なコヤ。

5年間も大学院時代を過ごしたにも関わらず、大した母校愛もない大学の祝辞が是枝監督で。 大学時代に『ワンダフルライフ』を観たときの衝撃は今も記憶に新しい。 母校の入学式の祝辞なんて毎年気にすることもなく過ぎていくのだけれど、今年は是枝監督なんだなぁと友人がシェアしているのを観て、読んでみたら。 まさか卒業(というか、博士課程中途退学)から20年近くも経って、母校の祝辞にこんなに励まされることになると