top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

悠久の灯り


今日は華舞師・山本芙沙子華舞公演&作品展示『悠久の灯り』。


こんなところに古民家なんてあるのかしら?という街中に、ひっそり佇む小石川大正住宅。『陰翳礼讃』をテーマに改築・再生されたという古民家は、すこーし傾いていて、建物保存のために人数制限ありという歴史あるしろもの。


味わいある建物で、ダンス雑誌編集者時代の戦友・芙沙子さんが踊る&作品展示するという。友人ファミリーを誘って行ってもよいかを尋ねると、なんと追加公演をしてくれることに。


華と舞と空間が調和して、神か、大いなる自然か、何の化身かは知らねども、聖なる儀式の場に遭遇してしまったよう。

窓の外で揺れる木々たちまでが計算された演出であるかのように揺れ、神聖さに加担する。


踊ることと、いけばな。ふたつのジャンルを融合させて、華舞という新しい道を拓いている彼女が、この建物に出会ってくれた奇跡に、この場に立ち会うことができたご縁に感謝しつつ。


祓とでも言うべきか、浄化された気分。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私は総理大臣になる

娘からの突然の「私は国をつくって、その国の総理大臣にならなくっちゃならないんだよね」宣言。 どういうこっちゃ?と話を聞いていると、体育会系ハードモードの吹奏楽部で高校生と一緒に切磋琢磨する、中高一貫校の新中2になった娘。 高3のリスペクトするパートリーダーに「Wのつくる国は平和そうだよね。Wの国をつくって国民にして」と言われて有頂天。 冒頭の総理大臣宣言につながる(笑) 「あ、じゃあお母さんもWの

HTLV-1ウイルスと菅付さん…のつもりが宇都宮先生と科学的スタンスのこと。

父親の入院やら、超体育会系吹奏楽部に所属する娘のマーチングの大会直前のコロナ発熱やらで、すーっかり遠い日のことのようにすら思える鹿児島での『教えて!HTLV-1のこと』シリーズ3冊の出版記念パーティー。でもよく考えてみればまだ10日程度しか経っていない。 このシリーズの編者であるNPO法人日本からHTLV-1ウイルスをなくす会「スマイルリボン」の菅付加代子さんとシリーズ1である『成人T細胞性白血

Comments


bottom of page