top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

介護のクリエイティビティ

認知症のケアほどクリエイティビティに富んだものもない。


一度効果のあった手が次に使える保証はほぼない。

数回は使えたとしても、大抵すぐに相手はこちらの意図に気付き、より不可思議な新たな策を練ってくる。


だけれど、彼らの「いま、ここ」の世界に入り込んで、その世界を堪能しようとすれば、自ずと打開策が生まれてくるし、そのクリエイティビティは可笑しみに富んでいる。


だから、私は認知症の現場の話を聴くのが大好きだ。


そもそも論として、排便と脱水の主な2つを筆頭とする身体の不快を取り除けば、多くの問題行動は生じなくなるというのもある。


オムツの中の便は不快。不快だから手を突っ込む。手に便が付く。不快だから、付いた便を周囲になすりつける。そして口唇期へと原点回帰している彼らは、それを食べてしまう。


ただそれだけ。

だから、オムツの中に便をさせず、彼らが便を催した時に、座位で便が出やすい前屈みの姿勢で排便できれば、便秘の不快さもオムツの不快さもなくなり、問題行動もなくなる。


ただそれだけ。

オムツ外しの大切さは、とてもシンプルだ。


もちろん、そう単純ではない、というのも事実で現実だけれども、一度そのシンプルさに立ち戻ってみれば、認知症ケアのクリエイティビティの可笑しみを味わう余白もきっと生まれてくる。はず。

最新記事

すべて表示

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。 手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。 どうせ気になってしまうのだ。 大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにい

また、会ったね

どんなに前向きな言葉を与えて、よし大丈夫!と言い聞かせてみたとて、 からだというやつはコントロールができない。 じんましんちゃんよ、いま、また君が出てくるの? 思考することも書くことも眠ることも、私から奪う、全身カユカユ星人。 あぁ、本当に困ったな。 今度はどのくらい君とお付き合いしなくっちゃならないの? 君と永遠にお別れできるようになるために、君からのメッセージは一体なに? いっつもここぞという

今週の目標は…

早寝早起き!! 適度な運動。 健康的な生活を送ることで、全身カユカユ蕁麻疹星人からの脱出! かゆい!

Commentaires


bottom of page