top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

今日は従兄の四十九日

更新日:2023年7月19日

従兄といっても存在を知ったのは20歳も半ばを過ぎた頃だったので(祖父の前妻は病死してしまったため我が祖母は後妻で、前妻との間に息子、つまり伯父と従兄弟がいたことが判明)、幼少期から共に過ごした他の従兄たちとはちょっと違って、やはり心理的距離はあるのだけれども、その従兄が他界した。


瓦職人だった従兄は屋根から落ちて、頸椎を骨折し、ドクターヘリで運ばれた。数日は意識もはっきりしていたものの、あの世へと旅立ってしまった。同世代の従兄の急死は、あまりにも想定外で突然で、その知らせを聞いたときに思わず漏れた「ふへぇっ?」という間抜けな声と現実との折り合いのつかなさだけはくっきりと鮮明だけれど、いまだにこんなことがあるのかと実感が湧かない。


夏に山梨から福岡への引っ越し準備のときに入れようか迷って、縁起が悪いような気がして入れなかった喪服。

まさかこんなに早く喪服が必要になる日が来ようとは。


独身で伯母と二人暮らしだった従兄。

伯母にとっては、一緒にドライブに出かけたり、旅行へ行ったりと仲良かった息子の、自分より早い死。生き残っていたとしても全介護は避けられなかった、にしても。

かける言葉が見つからなくて、手を握りしめることしかできなかった。


こんな風に人生は唐突に幕を閉じることがある。

ってことを胸に刻むことになった秋。


生きている以上、死はいつでもそこにある。

最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

Comments


bottom of page