top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

そのまま嫌な感じでいい

朝ドラの『虎に翼』に朝から元気をもらう毎日。


「はて?」と言いながら、違和感をそのままにせず、でも最大限の思いやりを持って、率直に相手に伝えるヒロインの虎子。


虎子を取り巻く人たちも、みんなそれぞれの痛みを抱えながら、生きてる姿が愛おしい。

今朝の回は、兄嫁となった女学校時代からの親友・花江の‘戦わない女側’発言’に続く、 はて…?

みんな辛いなら、私はむしろ弱音吐いていくべきだと思う

解決はできない

でも受け入れることはできるでしょ?


といい、ともに法律を学ぶ弱音は決して吐かない男装のよねさんへの


よねさんはそのまま嫌な感じでいいから

思ったの

怒り続けることも弱音を吐くのと同じくらい大事だって

だから私たちの前では好きなだけ嫌な感じでいて といい、珠玉の言葉たちであふれておった。


(いまはさまざまな理由から)戦えない(状況に置かれた)女たちの味方として戦っているはずの戦える女たちが、戦えない女たちを置いてけぼりにしてしまうことは、いまもしょっちゅういたるところで起きていて、花江の寂しさは今の日本でも多分結構リアル。


その寂しさを、弱音を、飲み込まずに吐き出した花江、グッジョブ。

思っていることは、言葉にしないと伝わらない。

この大原則の実行は、シンプルだけど、むずかしい。

シンプルなことほど、むずかしいというのも多分よくあること。


怒り続けることも弱音を吐くのと同じくらい大事、というのも寅子に激しく同感するし、そんなよねをよねのまま、嫌な感じのまま、受け入れることにした寅子に、この人と友だちになりたい!と朝から思った国民はきっと私だけじゃないはず。 どんなにジェンダーギャップ指数で2023年は125位と過去最低な国だったとしても、それでも、寅子や花江やよねの時代の女性たちよりもずっとずっと自由を手に入れた、今の日本で生きる私たちとその自由は、たくさんの怒りと悔しいと寂しいと哀しい…とを超えてきた、知られざるたくさんの寅子や花江やよねさんたちのおかげ。


ありがとう。ありがとう。ありがとう。


最新記事

すべて表示

なにも言葉にはしなくても

わかってくれる人たちがいて ひっそり応援してくれている人たちがいて さりげなく声をかけてくれる人たちがいて なんだか励まされる言葉をくれる人がいて。 余計なことは言わなくたっていいんだな 淡々とやるべきことをやっていたらいいんだな 世界不思議発見!と、なにやらおもしろそうなものを見つけては顔を突っ込み、痛い目見たり葛藤したりしながらも、基本はワクワク生きてきた道のりで得たものは、目に見えるような成

しみじみと

考えさせられた一日。 どうかあの人もあの人も心やすらかな夜が過ごせていますように。

戦略的撤退…というよりも。

争うことが苦手すぎて、できることなら全力で避けたくて、生きることに貪欲な人に出会うと、「そんなにほしいならどうぞどうぞ」と、あっさりと負けてしまうパラダイムは健在。 どの道を選んだところでゴールは同じ気もするし、そもそもどんな関わり方だっていいんだし、とも。思いが変わったわけでは決してない。 窮地でも誰かは助けてくれて、人生の豊かさに気付かせてもらえる上に、これまでとは違ってなにかは変わった気はす

Comments


bottom of page