top of page
  • 執筆者の写真medicaproject 医療福祉ライター今村美

さんぽと真竹

このところまともにお日さまの光も浴びてなかったなぁと、母と散歩へ行く。


数キロ先の道の駅まで、道を挟んでお向かいの神社に手を合わせたのち、道を渡って道の駅へ。

お買い物を済ませて帰り道、竹藪には真竹。


どこぞの誰かの土地のものだろうに、母がポキンポキンと折っては手荷物が増えていく。


ちょうど母が真竹をポキンとするときに、通りがかった軽トラから顔見知りが

「あの奥の方のやつばとらやんもん」。

「あんな奥には入っていけんばい」という母に、

「じゃあ、代わりに取っちゃるたい」と、軽トラを道のど真ん中に止めたまま、降りてきてあっという間に坂を登っていき、長く育った真竹を1本、また1本。切っては下に投げてくる。


えぇっと、他人様の敷地ですよね? 止めるどころか分け入っちゃうんですか? というか、後ろに車続いてますが??? と思っていたらば、「それは大きすぎて持って帰れんばい(持って帰れない)」という母に、後ろのワゴンの人まで降りてきて、「穂先だけ切るとよか。鎌あるばい」と、上から投げられた真竹を鎌でバサリバサリと切っていく。


えぇっと、お知り合いでしたか?? あなたも止めるどころか、車降りてきて、なおかつ鎌で切ってくれちゃうんですか??と、心の中でツッコミを入れる。


母よ、田舎ってすごいね、都会だと泥棒だよ、これ。みんなで泥棒。

でもきっとこの真竹の真の持ち主も「よかよか〜、そんくらい持っていかんね〜」と笑顔で見逃してくれることも、私は知っている。


さすがな田舎あるあるな展開に、「誰も止めんやろうが。むしろみんなで手伝ってくれて、お母さんの人徳たい!」と自慢げな母。

大量の真竹を抱えて、「田舎はよかろうが」と言う母とふたり、なんだかおかしくなって大笑い。


行きはよいよい、帰りは重い〜重いながらも通りゃんせ通りゃんせ〜


のBGMが脳内を流れる中、うん、田舎のこういうおおらかさは、ツッコミどころ満載で、なんだか愉快で笑えるよ。

こころから笑ってしまったな。

最新記事

すべて表示

この手があったか

なーんて、手はなくて、探し求めていた選択ウルトラCもないままに、また置いてきた過去の課題から、猫の手でもいいから貸してくれませんかと声がかかる。 手を離してはみても、またこうして何度も声がかかるのなら、結果、いまに全集中できないのなら、もう一度きちんと手を握ってみる。 どうせ気になってしまうのだ。 大切な人が困っていたら、何の役にも立たなかろうが、全身じんましんカユカユ星人になろうが、ただそばにい

また、会ったね

どんなに前向きな言葉を与えて、よし大丈夫!と言い聞かせてみたとて、 からだというやつはコントロールができない。 じんましんちゃんよ、いま、また君が出てくるの? 思考することも書くことも眠ることも、私から奪う、全身カユカユ星人。 あぁ、本当に困ったな。 今度はどのくらい君とお付き合いしなくっちゃならないの? 君と永遠にお別れできるようになるために、君からのメッセージは一体なに? いっつもここぞという

今週の目標は…

早寝早起き!! 適度な運動。 健康的な生活を送ることで、全身カユカユ蕁麻疹星人からの脱出! かゆい!

Kommentit


bottom of page