Follow Me

April 16, 2018

山梨県は富士北麓から東京寄りの大月あたりまでのいわゆる「郡内」と呼ばれる地区の認知症認定看護師による勉強会「ふじやまの会」というのがある。

年3~4回、中核病院で働く認知症認定看護師が集まって、情報共有したり、事例検討したり、研修会をしたりしている。

私も立ち上げから関わっている認知症カフェ「ふじさん」(隔月第3土曜)に顔を出してくれた看護師さんからふじやまの会のことを耳にし、第10回となる集まりに参加させてもらった。

すると、以前にふじさんに顔を出してくれたことのある看護師の方々の顔がちらほら。

国は地域連携を声高に叫んでいるけれども、実際に地域の医療・介護機関、行政、民間が連携プレーでまわっている地域と絵に描いた餅になっている地域との地域格差はどんどん広がっているように思う。

地域連携というにはまだまだ地域の資源はつながれていないし、認知症へのほかの医療職の理解が進んでいるかというとそうでもないかもしれないけれど、この地域の認知症認定看護師が集まって、自分たちで情報共有し合って、つながりをつくって、「目に見える関係性」をつくりあげているということは、この地域の認知症ケアをよりよいほうへアップデートしていくきっかけになるはずだ。


認知症カフェももっと有効活用できたらよいという話題も。
隔月とはいえ毎回出るのは難しいから、認定看護師が担当制で参加するようにする、年間のテーマを決めてもっと参加したいと思えるような内容にする、CATV等の媒体も使って周知するなどのアイデアをいただく。

こうした会があったんだなぁということが嬉しいし、地域の看護師さんたちの顔が見えてきたことも嬉しい。

医療・介護機関、行政、民間が連携した認知症ケアで先を行く目黒区だって、認知症の家族会の発足からいまのかたちを築き上げるまでに20年近く。地道な一歩を重ねるのみ。

March 8, 2018

昨日は、富士吉田市にあるコミュニティカフェ&レストラン・リトロボことリトルロボットにて、定休日を利用して毎月第2木曜に開催されている認知症カフェあ~んどへ。

主催は健康科学大学の古川先生&ゼミの学生たち。たまたま認知症の方やそのご家族等の参加がなかったこともあり、健康科学大学の学生さんたちとの情報共有の場に。

いま富士吉田市では人口1万人(増加)計画があって、どうやら古川ゼミも積極的に参画している模様。自身大学時代に障害者施設の経営に携わっていらしたこともあり、フィールドワークを重要視されている古川先生。学生たちに地域づくりにつながる現実的なアクションを起こさせようとけしかけてる感アリアリ(笑)

ちょうど子どものベビーシッターや習い事の送迎をお願いできる人を探していたこともあり、その場で相談してみたところから新たな展開。

私の住む忍野村ではファミリーサポートがない。もともとの地元世帯は3世代同居が多く、必要性があまりないという声も耳にするけれど(これはこれで本当に素敵なことだと思う)、村には大きな企業があって、企業関連の世帯は出身地が遠方で、じじばばその他のサポートが得られない母親たちも少なくない。というより、明らかにサポートが必要。

子育てサポートという切り口から、なにか仕組みづくりができるのでは?!

というわけで、友人の子どもたちの習い事の送迎やわが家のいざという時のベビーシッター探しという超個人的ミッションは、健康科学大学の学生たちの起業?!地域づくり案件へと発展しそうな気配。来週は健康科学大学で作戦会議。楽しくなってきたなぁ!

Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
Featured Posts

#私を構成する8性格と「ぼっち力」。

September 22, 2018

1/10
Please reload

Archive
Please reload

医療福祉ライター今村美都のブログ

Daily Life

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com