Follow Me

April 7, 2018

昨日は国際医療福祉大学大学院の入学式でした。
医療福祉ジャーナリズム学が私の専攻。

全体としては、全国に7キャンパスがあるマンモス校ですが、この4月から赤坂小学校跡地に新しくオープンした赤坂キャンパスは、学生・院生併せて400名強。

しかも学部生より院生が多い!
というのも、社会人にやさしいカリキュラムの組み方になっているため、大学院は社会人学生がほとんどなのである。

かくゆう私も指導教官であるゆきさんこと大熊由紀子さんに師事したい!というのが第一義とはいえ、この大学院にする決め手となったのが、必要単位授業のほとんどをWEB受講が可能であるという点。

年少さんと2年生という小さな子どもを抱えて、仕事もしながら、大学院へ行くことを考えた時、選択肢は限られるけれど、選択肢がでてきたということはありがたい。

そして、医療福祉ジャーナリズム学という、ここでしか学べないことがあったことも大きい。

ジャーナリズムの言語と研究論文の言語。
ゆきさん始め教授陣も「先行研究が大事だというけれどそれにとらわれず、型にはまらず」と異口同音におっしゃる一方、入学式のオリエンテーションでは「研究論文はエッセイやレポートではない。形式にのっとって書かなくてはならない」とのことで、医療福祉ジャーナリズム専攻が置かれたビミョーな立ち位置を入学式で垣間見たような気も(笑)

ちなみにレポートが自分にとって関心のある問いに基づくものだとすれば、論文は関心を共有する人々全般にとって意義のある問いであり、分かれ目は問いの意義を示せるかどうかにあるという。つまり、独りよがりにならず、他者から見て価値のある論文であるか。

20年前位にいちおう研究者を目指して院生していた身としては、そんなのあったりまえじゃーん!とツッコミを入れたくなる内容でもあったのだけれど、ジャーナリズムの息づかいを失うことなく、アカデミックライティングを行うというのは、結構チャレンジングなことなのかもね、とも思う。

俄然現場が好きだし、フィールドワーク派なんだけれども、先行研究調べまくってというのもそれなりに楽しめるので、医療福祉ジャーナリズム学からも「形式」にのっとりながらもこれがジャーナリズム学である!というような論文の言語を見つけて、「これでどうだ!」と提示したいとひそかな野心。


オリエンテーションの最中手引きを読んでい...

March 19, 2018

「前例を超えて創造する流儀~医療・福祉を現場から変えるために~」と題して、4月12日から国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム学教授・ゆきさんこと大熊由紀子さんがコーディネーターを務める講座がスタートする。

慶応大学経済学部教授の井出英策さんに、シルバーウッドの下河原忠道さんにべてるの家の向谷地生良さん・・・ほかにも豪華な顔ぶれ・・・2018年前期もスゴイ!

https://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2018_f/10.html

2017年前後期とWEB聴講生となって、すーっかり感化された私は4月からゆきさんに師事して、2度目の修士の学生となる。

またもや落合氏の『日本再興戦略』で恐縮なのだが、「日本人には、誰か尊敬する人に師事するというスタイルが一番合うのだと思います。宮本武蔵や世阿弥の時代から日本はずっとそうです」というくだりがあって、私がやっていることもまさにそうだなと思う。

医療・福祉の現場を変えている「でんぐり家」たちが登場する本講座は、WEB受講も可能。医療・福祉分野の方に限らず、オススメしたい。

February 20, 2018

4月からの大学院進学の決め手になったのが、ゆきさんこと大熊由紀子さんのでんぐり返しプロジェクトの講義。ゆきさんは、医療福祉分野で革命を起こす'でんぐり家'たちを紹介することで、'でんぐり家'予備軍にお尻に火をつけて、革命を起こさせる仕掛け人でもある。WEB聴講できる気軽さからうっかり受講したことで、私のお尻にも火がついたといえる。

今回の講義のタイトルは、「前例を超えて創造する流儀 ~医療・福祉を現場から変えるために~」。

以下、ゆきさんの紹介文から転用。前期に登場してくれる'でんぐり家たち'の紹介です♪

改革は先入観や常識にとらわれない発想から生れます。
★幻覚・妄想を「幻聴さん」と呼び、ご本人たちが「ともに研究」する試みで
世界から注目されている向谷地生良さん。
★アフリカで誕生した人類がアマゾンにたどりつくまでの5万キロを、自分の足と腕の力だけでたどった医師で探検家の関野吉晴さん
★介護のイメージを「カッコイイ」に変えつつある元ファッションモデル グレさん、
★「生きてさえいれば笑えるんや」と3000人のホームレスと絆を結ぶ牧師、奥田知志さん
★映画「ケアニン」で介護の世界に新風を吹き込んだ仕掛け人、山国秀幸さん
★40年かかって認知症の人が政策に影響を与える日本を実現したナース、永田久美子さん
★身体拘束も体験、薬と入院依存から脱けだそうとする若き精神病院理事長、熊田貴之さん、財政社会学者、脳科学者、障害福祉の常識を壊す金髪の魔女にもご登壇いただきます。
「放課後」の居酒屋での対話も交え、創造、変革する流儀を学びます。

木曜夜7時45分からの「ライブ」にいらっしゃれなくても
海外におられても、Webで1週間、24時間、聴き放題、見放題です。


というわけで、関心のある方は、通常3万9000円のところを3割引2万8000円で受講できる裏ワザもあるので、下記を♪

http://www.yuki-enishi.com/yuki/yuki-02.html

ついつい宣伝してしまう一押しの講義ですが、COI(利益相反)はありません(笑)
私自身がほんとたのしみ!!

Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
Featured Posts

#私を構成する8性格と「ぼっち力」。

September 22, 2018

1/10
Please reload

Archive
Please reload

医療福祉ライター今村美都のブログ

Daily Life

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com