Follow Me

March 17, 2018

昨日に続き、落合陽一氏の『日本再興戦略』より、リーダー論。

社会構造が非中央集権化するにあたり、求められるリーダー像も、これまでのマッチョで強いリーダー1.0から、リーダー2.0へと変わるという。

リーダー2.0の条件は、3つ。

1つ目は「弱さ」=共感性の高さ。

2つ目は「意思決定の象徴と実務権限の象徴は別でいい」=つまり何でも一人でできるリーダーである必要がない。

3つ目は「後継者ではなく後発を育てる」=「自分の後を継ぐ人ではなく、新しいジャンルや会社を新しくつくっていくような人材を育てられる」。

「リーダー2.0はバンド」とした上で、

「リーダー2.0に大切なのは愛されることです。カリスマというと憧れみたいな感じなので近寄りがたい。愛されるのはもっと貴重で、「この人が地球上からいなくなってしまったら、寂しい」という感情です。
 愛されるためには、「自分は何でもできる」と言ってはいけません。つまり、偏りのある人、ある分野にとても才能があるけれども、全然だめなところもあるような人のほうが周囲が手を差し伸べやすいですし、バンドとしてもうまくいきやすい」

と続く。

これを読んでいてまっさきに思い出したのが、目下おっかけをしている(主な取材対象である)藤沢市の『ぐるんとびー』、代表の菅原さん。

まさにリーダー2.0!(←※むっちゃほめてます)

菅原さんがリーダー2.0的であるだけでなく、ぐるんとびー周辺では、大企業の社員やベンチャーの経営者が社外取締役として関わっているとか、『日本再興戦略』に書かれているようなことが実際に起きていて、親和性が高いなぁと読みながら始終ぐるんとびーのことを思い出していた。

リーダー2.0が代表を務めるぐるんとびー、これからの展開がますます楽しみすぎる!

March 11, 2018

ぐるんとびーの未来会議を3月11日開催にされたのには、東日本大震災の後、現地で心身燃え尽きてしまう勢いで支援にあたっていた代表菅原さんの想いが込められている。

「東日本大震災で感じたこと、いまの日本に必要なのは『生きることの教育改革』 『安心して暮らせる、ゆるやかに連帯したコミュニティ』だと僕は感じてる」と菅原さんは言う。

菅原さんの考え方には、同世代ということもあってか、共感するところがとても多い。

だからこそ、ぐるんとびーのチャレンジを誰に頼まれたわけでもないのに追い続けてしまうのだろうと思う。

未来会議には少し遅れて到着してしまったので、既に自己紹介はほとんど終わってしまっていたのだけれど、藤沢・鎌倉に縁のある主にケア職の方々が参加されていたようだ。

ぐるんとびーのこと、東日本大震災での経験がぐるんとびーの原動力になっていること、デンマークのこと・・・

菅原さんの語るぐるんとびーのことを、ときにはこうして繰り返し聞くことは、「ぐるんとびーのおっかけ」としては、重要だなぁと再認識。「聞いたことのある話」でも新たな発見があることもあるし、「常に最適解を更新する」ぐるんとびーの変化にキャッチアップできる。

ぐるんとびー、藤沢の次は、鎌倉でも新たなチャレンジを展開する模様。
どんなふうにカタチになっていくのか、本当に楽しみだ。

それにしても、ぐるんとびーの課題も、失敗談も、かっこつけることなく話せてしまえる菅原さん。こちらのほうが「えぇっ、そんなことまで話しちゃっていいの?」と心配になるくらいだけど、ぐるんとびーを応援する人がどんどん増えていくのには、ぐるんとびーのチャレンジの未来性もさることながら、この愛すべきキャラクターによるところも大、という気がしている。

March 7, 2018

4月から通う大学院の修士論文の主な研究対象でもあり、目下一番の関心ともいえる藤沢にある『ぐるんとびー』。

団地の一角に小規模多機能ホームを構え、そこをツールに、ケアが必要な高齢者のケアなんてところにとどまらず、団地づくり、地域づくりを行っているのがぐるんとびーだ。

代表の菅原健介さんの「介護だけをやっているわけではない。ぐるんとびーはあくまでツール」という言葉もさることながら、「自分たちのことしか考えていないんですよ。自分の家族が幸せならそれでいい。でも自分の家族が幸せであるためには、ご近所さんも幸せでないといけないし、地域の人も幸せでないといけないし、日本社会が幸せでないといけないし、結局のところ世界が平和でないと自分たちも幸せでないということになる。だから、最終ゴールは世界平和」という理屈には大いに共感する。
 

なんだかエラそうに福祉だー、介護だー、医療だー、なんてやっているけれども、私自身、本当にジコチューな人間だ(人間は皆自己中なんていうそもそも論はさておき、その中でもやはりジコチュー度かなり高めという自己認識あり)。でも自分が快適に暮らすためには、家族がにこにこしていたほうがいいし、家族が暮らすコミュニティが快適であったほうがいいし、家族が暮らす社会が、世界が快適であったほうがいい。だから世界は平和であってほしい。ジコチューが極まると、ここに至る。

菅原さんの最終ゴールはデカイ。だからこそ、ワクワクするし、協力者が続々と現れるんだろう(人柄も大きいけれど)。菅原さんの、ぐるんとびーの挑戦を記録し、文章にして伝えていくこと。いつかは一冊の本にすること。目下の野望。

Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
Featured Posts

#私を構成する8性格と「ぼっち力」。

September 22, 2018

1/10
Please reload

Archive
Please reload

医療福祉ライター今村美都のブログ

Daily Life

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com