Follow Me

March 24, 2018

母と祖母は折り合いが悪くて、毎日のように嫁姑戦争を繰り広げていたので、結婚なるものへの幻想は幼い頃から皆無。嫁と姑はうまくいくはずのないもので、こんなくだらん喧嘩でストレスを抱えるくらいならば、いっそ結婚なんぞせずに生きていったほうが100倍ましそうだというのが長らくの私の結婚観だった。

大人になってみれば、喧嘩の主な原因は、乳幼児期の感染症で心身両方に障がいを持つこととなった伯母のことで、理は母にあり、母が毎日戦う羽目になっていたのもやむなしと思える内容であったことがよくわかる。そもそも実家でともに暮らしてきた伯母が障がい者手帳を持っていることを知ったのは大学生になってからで、この時、それまで抱いていた伯母へのモヤモヤに名がついて、「あ~、そういうことだったのか」とストンと腑に落ちたあの感覚は、いまでも忘れない。

院生時代に知り合った夫と結婚して9年目。結婚で想定外だったのは、夫の家族が家族になるのは嬉しく喜ばしいことであるということ。

義母は行政マンとしてバリバリ働いた後、一年早くに退職して、日本女子大に入って福祉の勉強をするような女性なだけに、私がまた大学院に進学することを話すと好感触で、「人生は生涯勉強ですよ」なんて言葉をさらりとかけてくれた。嫁・姑というよりも、「ひとりの人間」として接してくれる距離感も程よい。スマートな女性だなといつも思う。

義父は数年前に倒れ、救急車で運ばれた病院でそのまま逝ってしまった。環境調査の仕事で全国を飛びまわる義父は、多忙で滅多に会えないレアキャラだったけれど、本当に自由な人で、大好きだった。植物や生き物に詳しい義父とアマゾンの奥地にみんなで旅へ行こうという夢は実現しなかったけれど、義父と知り合えたことも結婚の大きな副産物だ。

結婚は悪くないどころか結構いいものだ、というのが現時点での私の結婚観。

夫と結婚できたということ以上に、夫の家族と家族になれたことが嬉しい。

子どもたちがこれまた想定外にやってきてくれて、私たち夫婦の子どもでいてくれることが嬉しい。

それにしても、この文章を書きながら「嫁」と「姑」という漢字を見ていて、改めてうーんと唸る。女に家で「嫁(よめ)」、女に古いで「姑(しゅうとめ)」、か。てぇっ。

March 23, 2018

「住んでいる市の中学生が校舎のトイレで首吊り…いやー、美都ちゃんが娘ちゃんとバリに行った時にはへーっとぼんやりしてた私だけど、ほんと、子どもに、ここだけが世界じゃないんだよ、ってそうでもしなきゃ伝わらないかもなぁと。」

東京で暮らしていた時、ルームシェアをしていた大の親友から届いたメール。彼女も未就学児の母親だ。

ピカピカの小学一年生を無事に終えた娘が年長さんの時、教科書も宿題もない南アルプス小学校から八ヶ岳サドベリースクール、甲府にある私立の山梨学院小学校、果てはバリのGreen Schoolまで、いろんな小学校を見て回った。

日本の公立学校に蔓延していそうな閉塞感に危機感を抱いていたからだ。

これからの子どもたちが生き抜くための未来にカリキュラム対応していない。

英語やプログラミングという表層的な部分をいくら強化しても、中身がつるつるてんでは意味がない。
そもそも公立学校の職場は、周囲の友人たちを見ていても、長時間労働とクレーム対応に追われる超ブラック企業。働く先生たちの心身が健やかでなければ、子どもたちによい影響が与えられるはずがない・・・etc.

いろいろな学校を見て回った後に「どの学校に行きたいと思った?」と娘に尋ねると、「お父さんとお母さんの両方の傍にいたいから、近くの公立小にする」との答えが返ってきた。

私自身、Green Schoolの突き抜けたあり方を体感し、日本のどの学校を選んでも五十歩百歩に思えてむしろすっきりしていたので、娘の選択を尊重することに異議なし。

また、いろんな学校を見て回った結果、「どんな学校を選んでも結局は周囲の大人次第」というところにたどりついたからでもある。

環境はもちろん大事だ。与える影響は大きい。
しかしながら、たとえGreen Schoolを選んだとしても、子どもの近くにいる大人が従来の偏差値主義の教育観から抜け出せていなかったとしたら、子どもを測るものさしが変わっていなかったとしたら、どんなに素晴らしい環境も力を発揮できない。

大事なのは周囲の大人の姿勢なのだと痛感するからこそ、私は毎日人生を謳歌することに余念がない。大人になるのも悪くないよ、人生って結構楽しいよ、と。

そして、目の前にある世界がすべてでないことを伝えたいから、Green Schoolのファミリーキャンプにも参加すれば、ぐるんとびー(藤沢市の団地にある小規模多機能ホーム)...

March 22, 2018

全国社会福祉法人経営者協議会(全国経営協/会長 磯 彰格、東京・千代田)では、社会福祉の最前線で、福祉の世界をよりよいほうへupdateしようと挑戦をする若者たちへ贈るHERO'S賞を創設、去る3月14日に表参道ヒルズにて、プレゼンテーションコンテスト兼授与式が開催された。

Care Weeksと重なって当日参加はできなかったのであるが、「社会福祉HERO’S(社会福祉ヒーローズ)」賞にノミネートされた受賞者6団体から投票形式で最優秀賞を選ぶのは、会場に足を運んだ現役バリバリの福祉人材や未来の福祉人材である学生たちというのも試みとしておもしろい。自分たちで選ぶベストHERO。

福祉の世界は、なにかとネガティブにとらえられがちだけれども、実際に人材不足に財源不足とネガティブ要素満載で切羽詰まっているだけに、脳みそ使ってなんとかしなくてはと、クリエイティブなことがどんどん生まれてくる可能性も大いに秘めている。低空でも飛行できているうちは、案外その低空でよしとしがちなのが人間であるという側面もあるけれど、このままじゃ~だめなんだ~と~、とまどい~傷つき~ながらも、福祉の世界をupdateしていこうと、冷静と情熱の間で踏んばる若者が全国各地で誕生している。

第一回の最優秀賞受賞者は、京都府「みねやま福祉会」Ma・Rootsセンター長、櫛田啓(くしだたすく)さん(35歳)。

資料によると…

「虐待などの事情により社会的な養育が必要な子どもと関わり、彼らを支援するほかにも、障がい者施設・特別養護老人ホーム・保育所が同居する「ごちゃまぜの福祉」をコンセプトとした施設に施設長として挑戦中。施設建設時には、地域住民から反対運動も起こったが、現在では「(施設の)子どもが増えて活気づいた」「地域の祭りが以前より盛り上がる」など、感謝の声も。フェアの企画・運営やデザイン戦略、SNS戦略を駆使した先端の採用手法を取り入れるなど、活動は多岐に渡る。」

とのこと。「ごちゃませの福祉」は私の大好物である(笑)

それにしても、またもや京都!

京滋嚥下・摂食を考える会といい、認知症ケアや多職種連携のあり方といい、京都は層が厚い。またひとつ、取材へ行きたいところが増えた。

March 22, 2018

2018年度は半ば私設学童を開いているような状態だったので、他人の子どもも含め、子どもと接する機会が本当に多い一年だった。

子どもの頃から子どもが苦手で、実の親にすら子どもは持たないで仕事に生きていくのだろうと思われていたような人間が、妊娠出産して自分の子どもを持っただけでなく、他人の子どもまで見るようになるのだから、人生はホントわからない。

いろんな子どもを見ていると、「みんなちがって、みんないい」とか「個性」なんてことを言うまでもなく、本当に違う。同じ親から生まれてきたきょうだいでもまったく違う。

もちろんきょうだいでも先に生まれるのかあとに生まれてくるのか、その他諸々まったく同じ条件で生きているわけではないのだけれども、それを差し引いても、「本人の資質」としか言いようがないくらい個々に違う。

親の責任とやらを逃れるつもりはないけれど、親の育て方とか家庭環境では到底説明し得ないくらい子どもの個体差は大きい。いろんな子どもと同じ釜の飯を食らっているうちに、その思いはさらに深くなった。

だからこそ、子どもは親だけが育てるのではなく、たくさんの人間が関わって、ごちゃまぜに育ったほうがより愉快な化学反応が起きるのではないか、と思う。そもそも親子だからって相性がいいとは限らない。

4月からますます忙しくなるし、ひとまず私設学童は開店休業状態にはなりそうな気配ではあるものの、困った時はお互いさま。気軽に「ちょっと今日お願い」と言ってもらえて、「はいよっ」と言えるくらいの時間と心の余裕は死守したい。

March 20, 2018

今回はゲストありということで、久々のキモノ女子会。

キモノ女子会は、富士吉田にあるギャラリーナノリウムで月一ペースで開催されている趣味の会のようなもの。

ゲストは、ポーラ美容室の渡邉八重子さん。

全国日本着付け講師会最高師範である八重子さんの着こなしのモダンさときたら、本当に素敵でございましたが、お人柄といい、歩まれてきた道といい、最高でした❤

ポーラの販売員として月間100万を売り上げていたにも関わらず、美容の道を究めたいと一念発起。美容師となるために、3人のお子さんがいらっしゃる身で朝は未明から東京通いしたというエピソードには、4月から友人にベビーシッターをお願いして、夜の大学院通いを敢行しようとする身にとっても大いに励みに。近くに頼れるじじばばが住んでいない点も共通していて、ますます共感。

現在70代と思われる八重子さん(年齢不詳。見た目お若い!)、当時はいまのように新宿まで1時間半の高速バスがあるわけでもなく、いま以上に世間の母親への目はキビシカッタであろうことは想像に難くないのに、あっけらかーんとお話される八重子さんに女子会一同目がハート、すーっかりファンとなっていたのは私だけではなかったはず。

「なにをやってもいいけど、基本はしっかり」

「古いものを古いままではダメ。今風、新しいものと組み合わせてハッとするものになる」

「着物の糸に負担をかけない、やさしい着方が大事」

これらは着物だけでなく、あらゆることに通じる極意にも感じられる。

「その人がいかによく見えるか」を大切に、「きつくない」だけれど「崩れない」、八重子さんの着付け。ここぞという時に一度体験してみたい。

March 19, 2018

「前例を超えて創造する流儀~医療・福祉を現場から変えるために~」と題して、4月12日から国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム学教授・ゆきさんこと大熊由紀子さんがコーディネーターを務める講座がスタートする。

慶応大学経済学部教授の井出英策さんに、シルバーウッドの下河原忠道さんにべてるの家の向谷地生良さん・・・ほかにも豪華な顔ぶれ・・・2018年前期もスゴイ!

https://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2018_f/10.html

2017年前後期とWEB聴講生となって、すーっかり感化された私は4月からゆきさんに師事して、2度目の修士の学生となる。

またもや落合氏の『日本再興戦略』で恐縮なのだが、「日本人には、誰か尊敬する人に師事するというスタイルが一番合うのだと思います。宮本武蔵や世阿弥の時代から日本はずっとそうです」というくだりがあって、私がやっていることもまさにそうだなと思う。

医療・福祉の現場を変えている「でんぐり家」たちが登場する本講座は、WEB受講も可能。医療・福祉分野の方に限らず、オススメしたい。

March 18, 2018

東京へ取材へ行くと、黒いリクルートスーツに黒い靴に黒いバッグを持った就活生の姿を多数見かけて、あぁ、今年も就職活動の時期がやってきたのだなぁと思う。

大学時代に一年間休学して、イタリアで3ヶ月語学学校に通っていたことがあるのだけれど、住んでいたシェアハウスには同学校の事務をやっているオーストリア人の同年代の女性も住んでいた。

たいていの学生は2週間程度の滞在なので、長く滞在する私と彼女は自然と親しくなっていった。イタリアに来る前はイギリスでカフェのバイトをして働いていて、英語とイタリア語とドイツ語が話せる彼女は、私が当初1年間滞在予定だったイタリアからイギリスへ移ろうと考えた時、「aupair(部屋食事ちょっとした賃金を提供してもらう代わりに家事やベビーシッターを行う)やったらいいよ」とアドバイスをしてくれた当の本人でもある。

私がイギリスへ旅立つ時に、彼女も語学学校を辞めて、一緒にイギリスへ。しばらく元彼だか彼だかと過ごした後、オーストリアへ帰った彼女は、1ヶ月後、ルフトハンザのフライトアテンダントの研修生に選ばれてドイツにいた。

イタリア滞在中も、フランスやドイツ、スイスといった近隣国から、学生だけでなく、金融系の人やら医者やら技術職の人やら、日本ではいわゆる「サラリーマン」と言われるような人たちも、2週間ほど観光を兼ねて滞在して、言語の親和性からかさくっと語学をマスターして帰っていくのを多く目にした。彼らにとっては自然なことのようだったけれど、日本で2週間まとまった休みが取れて、こんな時間の使い方できている「サラリーマン」いたっけなぁと、オーストリア人の友人の働くことへの柔軟さとともに、日本との違いをまざまざと見せつけられたような気がした。


非正規雇用の占める割合が増え、終身雇用も困難になり、転職も当たり前。昔とは会社のあり方も大きく変わってきているのに、リクルートスーツと新卒採用の風物詩は何十年も変わらずに続いているのだなぁ、中身も変わっていないんだろうかと、誰から見ても「就活中」とわかる学生さんたちを見てなんだかもやっとしてしまう。

よく考えてみればリクルートスーツを着たくないばっかりに、夫に「あなたの人生も変な道ばかり通りますよね」と言われてしまうような道を歩むことになってしまったんじゃあなかろうか。

リクルートスーツが没個性だとかそんなことはどうでもよくて、「...

March 17, 2018

昨日に続き、落合陽一氏の『日本再興戦略』より、リーダー論。

社会構造が非中央集権化するにあたり、求められるリーダー像も、これまでのマッチョで強いリーダー1.0から、リーダー2.0へと変わるという。

リーダー2.0の条件は、3つ。

1つ目は「弱さ」=共感性の高さ。

2つ目は「意思決定の象徴と実務権限の象徴は別でいい」=つまり何でも一人でできるリーダーである必要がない。

3つ目は「後継者ではなく後発を育てる」=「自分の後を継ぐ人ではなく、新しいジャンルや会社を新しくつくっていくような人材を育てられる」。

「リーダー2.0はバンド」とした上で、

「リーダー2.0に大切なのは愛されることです。カリスマというと憧れみたいな感じなので近寄りがたい。愛されるのはもっと貴重で、「この人が地球上からいなくなってしまったら、寂しい」という感情です。
 愛されるためには、「自分は何でもできる」と言ってはいけません。つまり、偏りのある人、ある分野にとても才能があるけれども、全然だめなところもあるような人のほうが周囲が手を差し伸べやすいですし、バンドとしてもうまくいきやすい」

と続く。

これを読んでいてまっさきに思い出したのが、目下おっかけをしている(主な取材対象である)藤沢市の『ぐるんとびー』、代表の菅原さん。

まさにリーダー2.0!(←※むっちゃほめてます)

菅原さんがリーダー2.0的であるだけでなく、ぐるんとびー周辺では、大企業の社員やベンチャーの経営者が社外取締役として関わっているとか、『日本再興戦略』に書かれているようなことが実際に起きていて、親和性が高いなぁと読みながら始終ぐるんとびーのことを思い出していた。

リーダー2.0が代表を務めるぐるんとびー、これからの展開がますます楽しみすぎる!

March 17, 2018

愉快。痛快。

たまたま駅地下の本屋で手に取った本著。

落合氏の本はちょっと手に取ったつもりが数ページめくるとレジに向かう羽目になって困る。

彼の本を読んでいると、ドーパミンがどばどば分泌されている感じがする(笑)

読中のワクワク感、読後の幸福感ときたら。

脳みそってこんなふうに使うんだなぁ。
真のエリートって、こういう人のことをいうんだなぁ。

悲観論でいっぱいの日本だからこそ、落合氏のような知性が登場してくるのだろうと思う。

彼の日本の現状把握と分析、描く未来予想図には、共感しかない。

英語教育一つをとっても落合氏は、

「発信する内容もないのに、英語を学んでも意味はありません。むしろ、グローバル人材という言葉が広がったことで、グローバルに話ができるトコロテンみたいな人(右から左に流すだけの人)が増えただけで、その分、実はコミュニケーションスピードが遅くなっています」(p59より引用)

と語る。

トコロテンって~(笑)

私自身は、英語を話せることよりも、それが英語であっても構わないけれど、深く思考できる(たとえば、落合氏の本を読みこなして、実際の行動に移せるレベルに思考できる)言語をひとつは持っていることが重要だと考えている。
ただし、英語だけという幅のない世界はくそつまらないし、日本語という言語が大好きなので、自身の子どもたちの言語も、最終的には自分たちが選択することなので強制はしないけれども、英語含めた他の言語よりも日本語であってほしいなぁとはうっすら思う。

この思考に基づき、いずれ翻訳機能が追い付いてくるとはいえ、現時点では英語を話せたほうがいいことは間違いないので、子どもたちにもある程度の英語教育は施すのだろうけど、それ以上に日本語教育を強化するのだろうな、たぶん。

大体、大学時代よーいドンで中国語を学び始めた友人たちが中国へ留学して、卒業後には仕事で使いこなすレベルで話せるようになったのを見てきたこともあり、言語はその気になればいつからだって遅くないという実感もある。

本当のところを言えば、「必要だと思った時に必要な言語を学べばいいんじゃない?」と思っている。

結局のところ、「重要なのは、英語そのものではなくて、発信すべき内容があるかどうかなのです」という落合氏の言葉に尽きる。

ほかにも共感痛感箇所は多々あって、いたるところに付箋だらけ。

「ホワイトカラーのおじさんたち」のくだりも...

March 16, 2018

Care Week 2018@東京ビッグサイトへ。

お目当ては、あおいけあ代表・加藤忠相さんの講演。

映画『ケアニン』のモデルともなったあおいけあの加藤さんと言えば、NHKや朝日新聞といった大手メディアでも取り上げられ、一般の方にもその名が知られるようになった介護業界の「旬な人」という立ち位置なのだろうけれども。

そんなことはさておき、加藤さんは、やっぱり、「戦う人」だった。

何度か原稿も書いていて、加藤さんの想いやあおいけあのことは多少は知っているつもりになっていたのだけれど、実はこれまで加藤さんがオフィシャルで話されるのを聞く機会がないまま、ここまできてしまった。

インタビューを通じて抱いていた印象は、たくさんの仲間も味方もいるには違いないけれど、「孤高の人」。

革命を起こそうとする人は、孤独だ。味方も多くなるけれど、味方の分だけ、いや、味方以上に、敵(じゃないな、革命後の世界を思い描けない人や現状維持したい人や諸々)も多くなる。

わざわざ矢面に立って、砲火をあびる役割なんて誰もしたくない。少なくとも私はヘタレだから、そんな恐ろしいことしたくない。自分の手の届く範囲が幸せならまぁいいかと、自分の殻に引きこもって、おかしな自己暗示で自分を説得しようとするに違いない。

でも、加藤さんは、やる。想像していた以上の強烈なファイターであることを知る。

1963年に老人福祉法ができたとき、求められていたのは「療養上のお世話」だった。

でも、2000年に介護保険がはじまったとき、介護に求められるのは「お世話」から「自立支援」に変わった。その後、「尊厳」が加わり、「地域包括ケア」「地域共生」へと移行しているにも関わらず、いまだに老人福祉法時代の「お世話」を「介護」だと思って提供している施設・事業所は少なくない。

タイムスケジュールにのっとって、配食、おむつ交換、入浴・・・のどこに介護の専門性があるのか。介護職の専門性が発揮できないような仕事ばかりを業務として行っているから、介護離職をする若者が後を絶たない。「おじいちゃんおばあちゃんが好きだから」あるいは「人の役に立ちたいから」という思いで介護職を目指した若者が数年で辞めていってしまう不幸。

また、認知症についても認知症という病気があるわけではない。ましてや、徘徊や弄便といった周辺症状といわれるものは認知症の症状ですらない。

トイレに行きたい時に...

Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
Featured Posts

#私を構成する8性格と「ぼっち力」。

September 22, 2018

1/10
Please reload

Archive
Please reload

医療福祉ライター今村美都のブログ

Daily Life

山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com