山梨県南都留郡

忍野村忍草

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2017 by Medica Project created with Wix.com

 

Follow Me

September 22, 2018

短歌を使っての投稿ならば続くかしらと試しにやってはみたものの、ハイ、3日で修了(笑)まさに3日坊主~。
というわけで、ここはいさぎよく、毎日ブログを更新しなさいみたいなやつは無視して、書きたいことがある時に徒然なるままに書くことにします(笑)

要は、いままでと同じ(-_-;)

さて、最近はやり?のエムグラム?

友人に「ちょっとやってみろ~」と言われて、やってみました。

で、出た結果がこちら

さらに続く、「あなたの性格が最もプラスに働いた時に発揮しうる才能」8つは、ノーストレスライフ、ストイック、知恵、策士、ぼっち力、自由と孤独、切れ者、型破り…。
この結果に友人は大いに満足してましたが(-_-;)、とりわけ「ぼっち力って!そんな言葉あるのか」と「ぼっち力」に大うけ。えぇえぇ、確かに「ほっち力」はかなり高めかもしれない。

「どうせ、みんなこんな感じのが出てくるんでしょ」と半ば負け惜しみを言うと、「いや、妹のはやさしいとかそういうのが出てたよ」と言われて返す言葉なし。

ちなみに、友人も私と似たようなの並んでました(笑)もうちょっとポジティブ度といい加減度高めな感じで。ま、要は彼女側の答えが出そうな仲間がほしかったんだな…。

それにしても、100以上ある質問項目に答える中では、「ちょっとよい感じに」出るようにちょっとよい子ちゃんな答えをしていたと思われるのだけれど、それを見透かして、はいどうぞと差し出されるこの感じ。エムグラム、恐ろしや、というか、案外面白かった。そして出てきた答えも、「あーねー」という感じ。


ちなみに、人にイライラしにくいは、つまり「スルー力が高い」ということらしいですが、「ぼっち力」はもとより、「スルー力」とか、「若干おとなしめ」の「若干」とか、「ポジティブ気味」の「気味」とか、このあたりの言葉の感じが絶妙、と思う。

August 23, 2018

恋の歌なことはわかっているのだけれども、最近、想定外の再会があって、頭に浮かんだのは何故かこの歌。

いつも激流の中を闘っている感のある彼女とは、お互いの人生の節目節目に居合わせることが多い。それも、変な意味ではなく、かなり濃~い時間を過ごしている事が多い。

その時そのタイミングその場所でしかありえなかったね、みたいな。

でもこの数年は音沙汰もなく、彼女はあまりにも激しすぎる流れの中にいて、音を立てる(連絡する)こともできなかったという。

でも、図らずも、彼女にとってのかなり特別な日に、トントンと再会を果たす。

不思議なことに、彼女の考えていることと、私の考えていることは、いつもシンクロする。

ずっと言っていた「いつかコラボしよう」を実現する日は、そう遠くないのかもしれない。

August 18, 2018

毎日書くと言いながらも1ヶ月。久々のブログ更新。書かなかったのは、書くべきことはほかの媒体に書けたということもあるけれど、ここをうっかり言い訳の場にしてしまいそうなほど切羽詰まっていたからというのが正解。

家族というリソースを使い倒しても乗り切れたとは言い難い惨状だったこの夏。

疲弊したのは私というよりも周囲、というか、とりわけパートナー&実母だったと思う。

さぁ、9月からは立て直し。

今年の夏は暑かった。

でも8月の残暑はまだまだ続く(-_-;)

July 19, 2018

気がつけば10日も更新が滞る勢いで、怒涛の7月。

暑い。

眠い。

基本設定としてにんじんがぶらさがっておらずともなにもなくとも努力ができるというタイプの人も中にもいるかもしれんが、到底そういうタイプではないので、どうにもやるしかないという環境整備を行ったほうが早い。

というわけで、大学院に進学し、仕事も増やした。

相変わらず、他人の子も見てる。

そうすると、火事場の馬鹿力ってやつはでるわね、うん。

まぁ、ちょっとキャパオーバーの感は否めないけど(苦笑)

July 5, 2018

極力誠実に謙虚に生きたいとは思ってはいるのだけれど、このところ、なんだか誠実さに欠けているなと思うことしばし。

やりたいことや、やりたいことに付随するやらなければならんことのリストが長くなればなるほど、優先順位というものの価値が高まる。

全部やりたいけど、物理的に不可能というゾーンに入ったら、付けたくなくても優先順位を付けざるを得ない。

結果、不誠実さにつながっておることは自覚している。

家族と仕事の優先順位は、基本、家族>仕事>大学院なんだけれども、仕事や大学院の講義やレポートには締切がある以上、時折、仕事>大学院>家族という順位にならざるを得ないことも起きうる。

それ以外のことだって、もちろん大事なんだけれども、上記3つよりも優先順位が高くなることはまずない。

これは大前提なわけだから、欲張るな、約束はするなを徹底していかねば。

大丈夫だと思っていても、不測の事態というのは起きうるわけで、上記3点以外の項目に関しては、「行けたら行く。確約できない」スタンスで、それが困るという場合には、そもそもあきらめるという勇気を持ちたい。てか、持たねばならぬ。

でも決して、大切でないわけではないの。これはほんと。

June 11, 2018

ギャラは仕事への評価なので、そりゃあ高いにこしたことはないのだけれど、どんな仕事をして、どんな仕事をあきらめるかは、お金だけの問題でもなくて、結局のところ、その仕事に求められていることと、私のやれること、やりたいことの一致具合なのではないかと思う。

同じ方向性を向いているという温度感が感じられれば、私の持っているものを最大限いかせすことで相手に喜んでもらえたり、社会的に意義のある仕事につながりそうだと線がパシーっとつながれば、変なもやもやは生まれない。

社会的に意義があると思えても、方向性が私と異なる場合は、やっぱりもやもやは生まれてしまうから、それは私が最適解ではないってことなんだろう。

まだ軸が定まらなくて、フラフラとしているところがあって、一旦大丈夫だろうと思えても、やっぱり無理と判断しなくてはならないことがあったり、本当の意味で誠実であるために時に誠実さを欠くこともあったけれど、やっと基準が明確になりつつあるように思う。

大学院も子育てもフル回転の中での仕事の選択は、どんどんシビアになっていくのだけれど、シビアになればなるほど、私がこころからやりたいと思える仕事につながっていく不思議。

こころから自分が役に立てると思う仕事を納得できるギャラでやる。

いたってシンプルなお話なのに、なにをやっていたのだろう。

でもね、やっぱりお金ではないの。

お金ではないから揺れるし、いっそお金ではない物々交換みたいな仕事も割と好きだったりするから、話はややこしい(笑)

あきらめたものの代わりに得たものは、お金うんぬんではなくて、本当に心からやりたいと思えるもので、もちろんこれまでだってそうだったけれど、でもこれまで以上に全力でやる。で、あきらめたものの成功を全力で祈る。勝手な言い分だけれど。

June 6, 2018

今日はインプットのひじょーに多い一日。

2つの大きなイベントを午前午後と1日で掛け持つとかは、脳みそにも体力にもキャパというものがあるので、1日に1つが原則というのを新たなマイルールに加えることを決意。堅く決意。

よくばっちゃあいけねぇぜ。

それにしても以前から気になっていた放課後デイの遊びリパークLino’aにて、通っているお子さんに私のところだけスルーして遊んでもらえなかったのには、「やっぱり人間性を見抜かれるのだな」といささかのショック(-_-;)
まぁ、自分でもできた人間でないことはよーくわかっているので、いまさらだけれども。そもそも人間ができてないからこそ、この仕事やってんの~!少しはまともな人間になれるように!

次行ったときは遊んでもらおう。

あと、藤沢まで自分の運転で(生きて)行って帰ってこられることが判明しました(笑)

ほんと、生きて家に帰ってこられてよかった。

なんだかんだで充実の一日。

さぁ、もうすぐ子どもたちも帰ってくるね。

May 31, 2018

前々回で天狼院書店について書いたのだけれども、ライティング講座よりも、そもそも書店としてのあり方のほうがとても気になる。

HPをのぞくと、「天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。」とある。

ライティング講座提供しているだけでなくて、フォト部とか漫画ラボとか、なにやらおもしろそうなイベント盛りだくさん。

なんだよ、こんな本屋、すぐ近くにほしい。東京じゃあ、そんな簡単には行けねぇよ!

てか、そもそも近くに素敵な本屋がなさすぎる!(あ、絵本はてんさらばさらがあるな。古本屋なら不二御堂もある。けど……)

目下、全国に5店舗、東京に3店舗、福岡、京都。

それなりの大きさの都市ばかりだから、富士北麓地区くらいの人口ボリュームではキビシイのかもしれないけれど、観光客は結構やってくるのだもの。

天狼院書店×うなぎの寝床富士山分室みたいなコラボのお店、リアルにできないもんか。

May 28, 2018

天狼院書店というところがやっているライティング講座の特別編「スピードライティング講座」というのを通信で受講してみた。

考えてみれば、これまでまともにライティングについて教えてもらったことがない。

2500字を20分で書くというのだけれど、いつも書くスピードよりもちょっと速いくらいスピードだなぁと思いながら、課題に取り組む。

書きたいことは山のようにあると思っていたけれど、いざ書き始めると1500字とか2000字いかないくらいで筆がパタリと止まる。いつもは4000字くらいが通常の原稿量だから、よく考えてみれば不思議な話なんだけれど、2500字を20分というスピードでやろうとすると、やっぱり止まる。

書いては捨て、書いては捨て、どのテーマも大して書きたいことがないのかも? なんて思いながら、今日は娘が学校をお休みしてしまったこともあり、疲れて一緒に寝落ちてしまい、起きたら課題提出時間をちょうど過ぎた0時。結局、提出しそびれた。

で、途中まで書いては捨てた原稿を見ていて感じたのは、天狼院店主で講師の三浦崇典氏はスピードライターで、40分5000字で書いたほうがクオリティが上がるタイプなのは間違いないのだろうけれど、私がそのスピードで書こうとすると、かなり意地の悪い文面が並ぶことになる。私の地の性格の悪さが全面に出てしまう、ということ(-_-;)

結局、それぞれのスピードがあるから、早けりゃいいってもんでもないのだろう。

まぁ、早く書けるにこしたことはないし、時間かけりゃいいってもんでもないのは間違いないけど。

そして、ほかの方の書いている原稿を読んでいて感じたのは、みんなレベルが高いなぁということ。もう、ライターなんていらんのじゃなかろうか。

改めて、ライターの、ライターとして以外の生き方の出口戦略を考えなくては!と危機感を煽るには、とても有効だった。

May 26, 2018

小2の娘に夫が「わかめちゃんもいつかはふらふら~と出ていって、お父さんはひとりぼっちになるんでしょうね」というので、「私がいますけど? 子どもたちが旅立っても、最後まで残ってるのは私だよー」と横やりを入れたらば、「この中で一番ふらふら~っと旅に出そうなスナフキンは誰でしょう?」と夫。

「お母さ~ん」と娘と息子の即答する声が重なる。

「スナフキン! 褒め言葉じゃん、それ!」と喜んでいたらば、夫と娘から「いや、褒めてないし」と、これまたハーモニー。なんなんだ、この夫と娘の連帯は。

そもそも夫と娘はなんか似ている。心優しく、とても気配りができる人間かと思いきや、案外人の心や状況を読むのは下手くそ。肝心なところで読み違えて、妙な誤解を招いたりする。

ただ、彼らの元から備わっている天性の優しい人間っぷりは、私のように、気配りや優しさをあとからインストールして、いちいち学んで経験値を上げて行かないとアウトプットできない人間からしてみれば、あんたたちスゴイね、と純粋に尊敬するところでもある。

「まぁまぁ、最後はまたふたりになるんだから」との私の言葉には、「最後は人間ひとりですよ」と返された。

もしパートナがいたとしても、通常は、どちらかが先に死んでしまうわけで、どちらかは残される。たとえ子どもがいたとしても、最期の時にそばにいてくれるかなんてわからない。人間は生まれて死ぬまで本当は結局のところひとりなのかもしれない、とも思う。でも、そのひとりとひとりがつながって、たくさんのつながりの中で生きていけば、ひとりだけどひとりではなくなるってことはありえるってことなんだろうと思う。そのつながりは、別に、わかりやすく「家族」である必要もない。

スナフキンはひとりが似合うけれど、でもひとりぼっちって感じはさらさらしない。

ふらりふらりと旅に出ていったとしても、帰ってこられる場所がある。

ムーミン谷は、いつもスナフキンの帰りを待っている。

Please reload

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
Featured Posts

#私を構成する8性格と「ぼっち力」。

September 22, 2018

1/10
Please reload

Archive
Please reload

医療福祉ライター今村美都のブログ

Daily Life